ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

mont-bell KAMICOロングスリーブシャツ

やはりといいますか予告した通りといいますか、秋服としてmont-bellのKAMICOロングスリーブシャツを購入しました。
独特な紙糸とコットンの混合素材で、麻とは違った素材感が気に入って購入したハーフスリーブシャツに続いてロングスリーブシャツを追加購入です。

カラーはアイボリーとペールインディゴの2色展開で購入したのはペールインディゴ。ハーフスリーブは無地だったのですが、ロングスリーブは少し柄が入っていて大人っぽい存在感のある仕上がりがお気に入り。
生地は薄めですが軽くて通気性が良いので秋服として快適な一枚です。

mont-bell KAMICOロングスリーブシャツ
P9240001

P9240005

P9240007

宮ヶ瀬湖周辺ポタ

今日も渋滞を避けて神奈川県にある宮ヶ瀬湖まで遠征に行ってきました。
宮ヶ瀬湖周回でも良かったのですが、とあるブログで紹介されていた中津川沿いから厚木市に入り県道64号を北上して宮ヶ瀬湖にアプローチするコースを走ってみることに。

スタート地点は宮ヶ瀬湖の東にある「神奈川県立あいかわ公園」。
ここから国道412号まで下ってから中津川沿いの県道54号を走ります。愛川橋を越えると川沿いを走る景色なのですがあまり長く続かず物足りませんねぇ。しかも逆光だし。。。
平山大橋を渡ると厚木市。国道412号はそれなりの交通量がある普通の道で、途中から併走する裏道に入るのですが景色も雰囲気も今ひとつかな。

神奈川県立あいかわ公園
PA090009

服部牧場の前を走ります
PA090013

国道412号まで豪快に下ります
PA090015

中津川
PA090020

愛川橋から川沿いの景色に
PA090022

振り帰ると良い景色
PA090023

平山大橋
PA090025

PA090027

国道412号
PA090028

国道412号と併走する道を進みます
PA090031

荻野尾崎の交差点から県道64号を目指して西へ。
ここからグッと山が近くなって、やっと雰囲気の良い景色にありつくことができました。途中で稲刈り作業が見えたりしてのどかな雰囲気のある道でいいですねぇ。
県道64号は思ったほど交通量は多くなく、道が広くて綺麗なのでそれほど危険な感じはありません。ここにきてローディーの方に多くすれ違います。みなさん宮ヶ瀬湖からの戻りなんでしょうね。
そして「道の駅 清川」を越えると登り。5〜8度ぐらいの登りが3kmほど続き、宮ヶ瀬湖手前の土山峠は結構キツイですね。

そして宮ヶ瀬湖に到着。
エメラルドグリーンの湖面が綺麗な湖です。しばらく湖畔沿いを走るのですが意外に橋とトンネルが多いですね。
やまびこ大橋を渡った先には宮ヶ瀬湖畔園地があるのですが今回はパス。そのまま進んで宮ヶ瀬ダムへ向かいます。駐車場の先からは自転車を降りれば歩いて宮ヶ瀬ダムの真上まで行くことができます。
ダムの真上から下を覗くとヒェェッ!堤高は156mあるそうで高所恐怖症の私には目の前がクラクラしちゃいますよ。。。

県道64号を目指します
PA090033

途中で見かけた稲刈り作業
PA090035

県道60号
PA090038

PA090040

県道64号
PA090041

PA090043

3kmの登りがキツイ
PA090046

宮ヶ瀬湖
PA090048

PA090050

湖畔沿いの道
PA090053

宮ヶ瀬ダム
PA090055

ダムの上を歩きます
PA090057

左は宮ヶ瀬湖
PA090060

右下を覗くとヒェェェの高さ
PA090058

ダムを渡って進むと「神奈川県立あいかわ公園」なのですが、ここからお昼を食べに。向かったのは国道412号沿いにあるステーキ屋のSTUMP。
注文したのは赤味のハラミステーキ300g(ガーリックソース)にパンとジンジャーエールのセット。お肉は柔らかくて美味い!大きめのパンも柔らかくて美味いぞっ!久しぶりに肉食べたって感じで大満足のランチでした。

お腹いっぱいで自転車を引きながら狭い道を登れば「神奈川県立あいかわ公園」に到着です。

ショートカットの道を下ります
PA090068

ステーキ屋 STUMP
PA090062

赤味のハラミステーキ300g
PA090067

大きめのパンも柔らかくて美味い
PA090066

「神奈川県立あいかわ公園」に到着
PA090070

今回は宮ヶ瀬湖付近を走ってみましたが前半の荻野尾崎までの景色は今ひとつでした。
県道64号で宮ヶ瀬湖へアプローチするためなので仕方ないのですが、前半ももう少し景色を楽しめると良かったんですけどね。

本日の走行距離は30km。

本日のコース

午前中の晴れ間に山中湖ポタ

今日の関東地方は午前中のみ晴天。
せっかくの休みの貴重な青空です。そんなことから近場で午前中だけでも楽しむためにサクッと山中湖まで遠征に行ってきました。

天気が良いのになぜか中央高速はガラ空き。1時間ほどで「道の駅 富士吉田」に到着。コースは鉄板の忍野経由で山中湖周回+パノラマ台。
最初に国道138号から忍野地区に向かいます。この道は交通量が少なくてのんびりと新名庄川沿いを走る景色が好きなんですよね。
御釜池の横から忍野八海の裏側に入ると川沿いの桜並木。木造の橋がかかっていて、のどかな風景に癒されるのですがチョット短いのが残念。朝の雰囲気は独特です。

東円寺前を抜けると高台に上がって富士山のビューポイント。
雪化粧をしていないスッピンの富士山も綺麗です。県道717号を南下して長い林道を抜けると視界がバーンと開けてまたしても富士山のビューポイント。やはり時間的に朝は山中湖側からのほうが富士山がクッキリ見えて好きなんですよね。

道の駅 富士吉田
PA010003

忍野地区へ向かいます
PA010004

御釜池前からの富士山
PA010006

新名庄川沿いを走る景色が大好きです
PA010007

東円寺前を抜けると高台
PA010011

振り向くとビューポイント
PA010012

県道717号の林道も大好き
PA010015

抜けるとビューポイント
PA010016

山中湖 花の都公園を越えて山中湖に到着。今回は後半の富士山を楽しむために反時計周りで周回することに。富士山は見えませんが湖畔沿いの林道は気持ちいいですね。
平野の交差点から県道730号を少し登れば今回の目的地となるパノラマ台。少し雲が出てきましたが富士山と山中湖が一望できるお勧めのビューポイントです。しばし絶景を見ながら休憩です。

時間が早いのでお昼は山中湖を離れた場所にあった「うどん 天めん」。
山中湖西交差点から看板を見て行ったのですが、大通りから奥に入った隠れ家的なお店。普通では気が付かないんじゃないでしょうか。お店も普通の民家に看板がかかっているようだし。
注文したのは「肉うどん」。ぶっかけもあるのですが久しぶりに暖かいうどんです。場所的に吉田うどんかと思いきや讃岐うどんのようですね。
しっかりとしたコシと少し塩気のある麺が美味い!豚肉の味つけも良く汁に旨味が出て美味いですねぇ。いたってシンプルですが値段も安くて満足度が高いうどん屋さんでした。

あとはファナック通りから忍野に戻れば「道の駅富士吉田」に到着です。

山中湖
PA010021

湖畔の林道が気持ちいい
PA010024

県道730号を登ってパノラマ台に向かいます
PA010026

パノラマ台からの絶景
PA010027

山中湖からの富士山
PA010030

うどん 天めん
PA010034

肉うどん
PA010037

ファナック通り
PA010038

道の駅富士吉田に到着
PA010041

今回は午前中の晴れ間を狙って山中湖に遠征してきました。
スッピンの富士山は何か物足りない感じはありますが、景色を楽しみながら気軽に走ることができるのでお勧めのコースです。

本日の走行距離は40km。

本日のコース

その後のknog Oi BICYCLE BELL

RX3のベルはデザインがお気に入りのknog Oi BICYCLE BELLを装着しているのですが、ふと見るとベル部分が変色していました。変色というよりも色が抜けて黒から焦げ茶に。。。
それほど外で走っている訳ではないのですが数ヶ月でこの色抜けはチョット。耐久試験とかしていないんですかねぇ。

他にも不具合があって、ベルを鳴らす部分のスプリングが柔らかいため、路面の悪い場所を走るとハンマーが振られて勝ってにベルが鳴っちゃうんですけども。。。
デザインは優れているのですが基本的な部分もしっかりと作り込んで欲しいものです。

ある意味渋くなったOi BICYCLE BELL
P8270044

甲斐駒ケ岳広域農道〜七里岩ラインを行く

今日は山梨県方面は晴天の予報。なので山梨県まで遠征に行ってきました。
今回のコースは甲斐駒ケ岳広域農道を北上して白州から七里岩ラインを南下する周回コース。

スタート地点は「道の駅にらさき」。
ここから田んぼ道のド真ん中を南下して武田橋を目指します。やはり9月の最終週。半分以上の稲が刈られていてチョット残念。まぁ稲木で干されている稲も哀愁があって好きなんですけどね。
とりあえず田んぼ道の突き当たりから坂を登って一旦七里岩ラインに入っちゃいます。なぜかといいますと、この先には有名な「青坂ループ」があるから。

現在はバイパスが完成したことで通行止めとなっていますが、何と270度も回転する道を一度は拝んでおきたく向かいます。バイパス手前から旧道を走ってみましたがやっぱり途中で通行止め。仕方ないのでバイパスを下って途中にある青坂ループ線の旧入口(現在は通行止め)で見学することとします。
道は2車線ですがトンネルの形状が卵型になっているので、背の高い車だと中央線をはみ出さずに通行できないという理不尽かつ危険なトンネル。。。下からの回転も含めると420度とか。やっぱり見るだけで満足ですね。

道の駅にらさき
P9250010

目の前には七里岩
P9250012

田んぼ道のド真ん中を南下します
P9250013

振り返ると雲のかかった八ヶ岳
P9250015

稲木で干されている稲には哀愁を感じます
P9250016

一旦七里岩ラインに向かって登ります
P9250022

旧七里岩ラインを下るとやはり通行止め
P9250028

仕方なくバイパスを下ります
P9250029

青坂ループ線
P9250031

武田橋を渡ってわに塚サクラを見学。推定樹齢は300年。桜の時期じゃありませんが高台にそびえる枝振りが立派です。
ここから県道12号韮崎南アルプス中央線に。この道は高台を走るので景色が良いのですが眼下には田んぼが。。。引きつられるように道を下って突入です。
真っすぐ伸びる道の左右に広がる田園風景。車もほとんど走っておらずチョー気持ちいいですねぇ。わに塚サクラに寄らずに武田橋から突入したほうが良かったかな。

しばらく農道を走って県道12号を横断するとかかしの里円野町。
ここも高台なので景色の良い田園風景が望めます。この道も基幹道路の国道20号と並行している農道なので車はほとんど走っていません。
武田運動公園を越えた先を左折すると甲斐駒ケ岳広域農道の看板。あまり詳しくはないのですがここからが甲斐駒ケ岳広域農道なんでしょうか。その手前からも甲斐駒ケ岳広域農道とする地図をネットで見かけたりするのですが、正式な始りと終わりが良く分からないんですよね。
最初は少し登って高台に上がります。道は綺麗で景色も良いのですが、広域農道というわりにはそれほど田畑が広がっている感じじゃありませんねぇ。

釜無川
P9250037

わに塚サクラへ向かいます
P9250044

わに塚サクラ
P9250045

わに塚サクラ付近からの景色も最高
P9250047

県道12号韮崎南アルプス中央線
P9250049

P9250050

P9250051

真っすぐ伸びる道の左右に広がる田園風景
P9250053

かかしの里円野町を走ります
P9250057

P9250058

P9250060

ここからが甲斐駒ケ岳広域農道なのか?
P9250061

P9250062

P9250064

P9250065

しばらく走って麓ジェラートで一休み。
種類は7種類ほどあって注文したのはいちごのジェラート。他に黒みつきなこやピスタチオとか変わり種も。量も多くて味はサッパリとしていていちごの酸味が美味い!
デザートを食べたばかりですが、お昼はすぐ近くの「おっぽに亭こっこ」で。
ログハウス風のお店で注文したのは白州鶏カレー。素揚げした季節の野菜がトッピングされたカレーで、結構トロ味があって甘口。優しい味なのですが何かが足りない感じ。。。卵かけごはんにするべきだったかも。

大好きなベルガ通りを覗いてみましたが逆光で今ひとつ。国道20号に出て台ケ原宿を抜けて県道606号に。ここの道は以前にも走っていますが結構キツイ登りです。
中央本線を越えたら県道17号の七里岩ライン。道は綺麗でそれなりの交通量があります。この道、農道のようで農道っぽくはなく、高台なので景色が良いのかと思ったらそれほど景色は見えず。。。まぁ下っているので気持ちは良いのですが何か物足りないなぁ。

穴山駅手前から県道603号を下れば最初の田んぼ道に。田んぼのド真ん中を走れば「道の駅にらさき」に到着です。

麓ジェラートで一休み
P9250073

いちごのジェラート
P9250070

おっぽに亭こっこ
P9250081

白州鶏カレー
P9250078

大好きなベルガ通りは逆光で今ひとつ
P9250084

国道20号へ向かいます
P9250086

台ケ原宿を抜けて県道606号を登ります
P9250088

P9250091

P9250094

七里岩ライン
P9250097

P9250099

P9250100

P9250103

P9250104

県道603号を下って最初の田んぼ道
P9250108

道の駅にらさきに到着
P9250110

今回は田園風景も見えるコースを選んだのですが、釜無川の西側を走る農道と甲斐駒ケ岳広域農道までの景色は最高!しかし後半の七里岩ラインは今ひとつだったかな。

本日の走行距離は52km。

本日のコース

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント