先日買った「自転車人」を読んでいたら、桧原村の峠の頂上にある手打ちうどんのお店が紹介されていました。
峠の頂上ですから、もちろん坂道。。。他の方のブログを調べると、坂道はさほどキツくはないようです。←ここ大事
ならば、今日は天気が良かったので、さっそく行ってみることに。っと思ったら前輪がパンクしています。。。
先週の龍勢祭りでリム打ちパンクしたようで、Vittoria ULTRALITEは2カ月の短命。サクっと交換して出発です。

場所は桧原村にある時坂峠(とっさかとうげ)。五日市駅前の檜原街道をひたすら走った場所にあります。
日本の滝百選の一つである「払沢の滝(ほっさわのたき)」の入口から時坂峠の登りはスタート。道はしっかりと舗装されていて走り易く、結構左右にうねりながら登っていきます。
うーむ。比較的ラクと言われればそうですが、途中に急勾配があったり結構登りごたえがありますね。途中ガードレールのない場所があるのですが、なぜか断崖絶壁だったりします。。。

JR五日市駅
31aa5e0d.jpg

時坂峠への入口(左側)
6ee0dfce.jpg

ヒルクライム スタート!
d8dc935d.jpg

5590e710.jpg

bcf4efc1.jpg

1598d1a8.jpg

75e78a21.jpg

登ること40分程度。峠の茶屋 高嶺荘に到着!
このお店の正面からの景色はみごとな絶景です。標高は570m。ほぼ高尾山と同じ標高なのですが、3km程度登っただけでこの景色。。。なんか得した感じです。
しかも、お店の中で食事をしながら、この景色が堪能できるのです。

ざるうどんは1本がかなり長く、コシがあって美味しい!汁はサッパリしていて、きざんだネギと柚、お好みで七味を入れていただきます。
絶景を見ながらうどんを食す贅沢。ここが東京とは思えません。

峠の茶屋 高嶺荘
b25a90e3.jpg

2e52736d.jpg

店の前が絶景 ここは東京です
1a6d850d.jpg

16204670.jpg

店内
97ac006c.jpg

店内から絶景を見ながら食事ができます
5d81686c.jpg

ざるうどん
d6695135.jpg

せっかくなので、峠を降りて「払沢の滝」を見に行くことにしたのですが、下り坂は意外に気温が下がっていて、薄手の長袖では寒い。。。初めてmont-bell EXライト ウインドジャケットを着ました。
やはり山の気温の変化をナメてはいけませんねぇ。ウインドジャケットのありがたみを感じながら坂を下ります。

「払沢の滝」へは自転車を降りて、川沿いを10分程度歩いて行きます。こんな所に日本の滝百選の一つがあることを知りませんでした。。。
4段の滝で落差は60mなのですが、正面に見える最下段は26m。意外に小振りの滝です。

帰りには「払沢の滝」の入口にあった、手作り檜原とうふ「ちとせ屋」でざる豆腐を買ったのですが、大豆の甘みがあって超美味しかったです。

本日の走行距離は50km。

払沢の滝
eeac5256.jpg

手作り檜原とうふ「ちとせ屋」
52e6c1cc.jpg

本日の訪問先

より大きな地図で 時坂峠を登って峠の茶屋 高嶺荘ヘ を表示