ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2011年09月

秩父 県道ぶらり一周回り

先日は埼玉県の秩父まで遠征ポタしてきました。
今回は行き先を考える時間があまりなく、前回の諏訪湖遠征の帰りがハンパない渋滞にはまったので、関越道エリアで、エイっやで秩父に決めました。
秩父って結構聞くし、家からも結構近いのですが一回も行ったことがありません。何か有名な場所ってあったかなと思いつつ行ってみることに。←結構いいかげん。

とりあえず秩父駅周辺に着きましたが、道は細く駐車場が全然見当たりません。仕方ないので羊山公園の駐車場へ駐車。気温は先日の台風のあとグッと下がっていますが(20度ぐらい?)、日中は特に寒くなかったので半袖で出発!
近くにあった案内板を見て、とりあえず駅の近くにある秩父神社と柳田総本店武甲酒造へ向かいます。

秩父神社で12月2日、3日に行われる秩父夜祭は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられる有名なお祭りです。
手前には朱色が綺麗な神門があり、その奥に本殿。この本殿には細かい彫刻が多く飾られていてとても綺麗です。
すぐ近くには秩父の名峰武甲山を酒銘とした「武甲正宗」の醸造元武甲酒造。私は日本酒もたまに飲むのですが、武甲正宗?知らないなぁ。。。すみません。

羊山公園の駐車場(A) 奥に見えるのが武甲山
21d73bc5.jpg

秩父神社(B)
37a4c4c0.jpg

神門
5d37f133.jpg

本殿
048177b0.jpg

綺麗で細かい彫刻
4ff9dbe4.jpg

「武甲正宗」の醸造元武甲酒造(C) 5e6f9af8.jpg

ここからは県道をぐるっと回るコースに入ります。秩父駅前から県道の間にある秩父ハープ橋を渡り、何も考えずに左回りで要光山観音寺へ向かう途中、食堂を発見。
「洋風田舎食堂ナージュ」。この先は田舎道に違いないので、ここで昼食にすることに。注文したのはスパイシーオムライスカレー。美味い!

ここで、ふとコースの回り方向に疑問が。左回りで考えていたのですが、最後の秩父ミューズパークは山の上。ぐるりと一回りするコースなので、どちから攻めるのが良いのか調べていませんでした。
よくあるパターンで山の上がり方を失敗すると、どんでもない坂道になるかもしれません( ; ´ Д ` ) マジッスカ
そこでXPERIA rayの登場!ネットで調べると最初に秩父ミューズパークへ向かっています。スマホってこーゆー時便利ですね。
なので、ここで方向転換して右回りで秩父ミューズパークへ向かいます。

秩父ハープ橋(D)
ddf92e28.jpg

洋風田舎食堂ナージュ(E)
71bc0242.jpg

スパイシーオムライスカレー( ゚Д゚)ウマー
708011a3.jpg

秩父ミューズパークへの入り口は、いきなり坂道!( ; ´ Д ` )アヒイイ
食べたばかりのスパイシーオムライスカレーが容赦なく上昇してきます。坂道を登り切ると武甲山を眺める絶景。キツい坂道を登ったあとの絶景は格別です。
秩父ミューズパークを過ぎると長い下り坂の超快適コースです。上りよりかなり長い。。。コースを間違えなくてよかった。

秩父ミューズパークへの坂道
3f56c6a1.jpg

武甲山を眺める絶景(F)
b1940f5a.jpg

長い下り坂で超快適コース
05e08b5f.jpg

下り切ってからは一旦国道を抜けて延命山菊水寺(札所33番)へ向かいます。
秩父には三十四カ所の札所となっている寺院があり、観音を祭る霊場をお参りして廻る巡礼を秩父札所巡りというそうです。

下ってからの道は適度なアップダウンのある道で、のどかな田園風景が続きます。何もないのですが本当にのどかなな景色を走るのは楽しいものです。
そして最初に向かった要光山観音寺(札所21番)へ。道沿いにある寺院で入り口の左手には六地蔵があります。ここを過ぎれば秩父ハーブ橋で一周回りの終了です。

のんびり田舎道を走ります
e14b47e1.jpg

延命山菊水寺(札所33番)(G)
acb068bc.jpg

のどかな田園風景
f2ae5828.jpg

要光山観音寺(札所21番)(H)
197be152.jpg

六地蔵
54041ad8.jpg

秩父ハープ橋へ戻ってきました
758a7691.jpg

インターチェンジ近くの道の駅で夕暮れに
157c0605.jpg

特に目的もなく秩父に突入しましたが、秩父のイメージとは違った田園風景がとても良かったですねぇ。

本日の走行距離は36km。

本日の走行コース

TOPEAK Red Lite

夜間は走るつもりはないのですが、もしものためにフロントライトiLUMENOX(イルミノックス)のSS-L130Wをもっているので、ついでにバックライトも。夜間に赤いライトをピカピカさせて、自転車の存在をアッピールしてる例のヤツです。

見た目のデザインで選んだのはTOPEAK(トピーク)のRed Lite(レッドライト)。扇形のデザインで中には4個のLEDが配置されています。
本体の裏側にオレンジの丸いスイッチがあり、点灯と点滅の2モード発光が選択できます。
シートステー/シートポスト装着用ストラップとクリップホルダーが付属しているので、シートポストやサドルバックに装着することができます。

サイズはL46mm×W48×H20mm。重量は18q。点灯時間はリチウム電池 (CR2032)×2個で60時間です。

TOPEAK Red Lite
dbd9817a.jpg

裏側の丸いオレンジ部分が作動スイッチ
af5cc304.jpg

サドルバックに装着するここんな感じ
7c1b0d6e.jpg

このままサドルバックに装着してもかまわないのですが、見た目がスマートではないのでサドル下に固定することにしました。
Red Liteに付属のシートステー/シートポスト用クランプを取り付け、サドルレールにタイラップを巻き付けます。クランプにフックがあるので、その部分にタイラップをひっかけて締め付けます。
念のため振動で壊れないように、サドルに触れる部分にスポンジを挿んでおきました。最後に不要な部分をカットして完成です。
見た目もスッキリして、ちょっと(・∀・)カコイイ!!

付属のシートステー/シートポスト用クランプを装着
bf60ef40.jpg

サドルレールにタイラップを巻き付けます
76b1e65a.jpg

クランプのフック部分にタイラップをひっかけます
52069e9f.jpg

振動での破損を防止するためにスポンジを装着
7b70568d.jpg

タイラップを締め付けて不要部分をカット
7beaeb37.jpg

タイラップのズレ防止のためにもう一つ締め付けます
bf1bff1f.jpg

見た目もスッキリ(・∀・)カコイイ!!
9fa4e052.jpg

60cc61bb.jpg

サドルバックを装着してもフィットします
78691949.jpg

諏訪湖周辺ポタ

今週も天気が良かったので、懲りずに諏訪湖まで遠征ポタしてきました。
山、避暑地とくれば、次は湖でしょ。どうせ湖を回るなら大きいほうが良いと思って、信州最大の諏訪湖に決定。
諏訪湖には湖を一周するサイクリングコースが整備されていて距離は16km。単なる湖一周では面白くないので、ネットで調べて少し外周も回るコースにアレンジしてみました。

諏訪ICを降りて諏訪湖へ向かいましたが、諏訪湖公園周辺のパーキングに入れず、諏訪駅の近くにあるハーモ美術館の隣にある公園の駐車場に駐車。もちろん無料。
天気は快晴。気温は少し高めでしたが、東京と比べれば湿度が少ないので快適です。
ここを起点に右回りのルートで西にある釜口水門へ向かいます。サイクリングコースは綺麗に整備されていて走りやすく、案内板も設置されています。
また、コースは湖すれすれを通っていているので景観が良く、湖からの風も気持ちよく走ることができます。
釜口水門は天竜川の源流で、一部愛知県を通って静岡県の浜松を経て太平洋へ流れる河川です。

駐車場の高さ制限が2.2mだったためRX3を降ろしてから駐車(A)
c04578ff.jpg

すぐ目の前が諏訪湖です
5426c24a.jpg

コース案内板
7d4fb535.jpg

湖すれすれにコースがあります
cc2b15ca.jpg

夏の終わりのひまわりには風情があります
4c199807.jpg

釜口水門 天竜川の源流(B)
4a69e25a.jpg

釜口水門から見る八ヶ岳
6566c4a6.jpg

ここからは湖畔のコースを外れて、外周道路の外側と平行している裏道を通って小坂観音院(龍光山観音院)へ向かいます。
この裏道には古い建物が残っていて、とても風情がある通りです。しばらく家並みを眺めながら走って坂道を上がると小坂観音院があります。
ここは諏訪八景の第一に挙げられれていて、ここから見る諏訪湖は絶景です。

風情のある裏道
9ed73696.jpg

2a7c058e.jpg

椹(サワラ)並木
3827ef14.jpg

小坂観音院からの諏訪湖の眺めは絶景!
7bfe2c63.jpg

小坂観音院(龍光山観音院)(C)
4eed1b02.jpg

ここから一旦湖畔のサイクリングコースへ戻り、ヨットハーバーを抜けて諏訪市美術館の付近から旧甲州街道へ入ります。
旧甲州街道は諏訪湖の東側の高台にあるアップダウンの続く街道です。通りには古い建物が残っていて、途中には諏訪湖を見下ろす見晴らしの良い場所があります。
そして、しばらくすると諏訪大社下社秋宮に到着。
あいにく神楽殿(かぐらでん)は改装工事中で巨大な写真になっていたのが残念。個人的には神楽殿のほうが興味があったのですが。。。裏には幣拝殿(へいはいでん)があります。

ヨットハーバー(D)
8c41aff7.jpg

芝生がとても気持ちいいです
15b65157.jpg

旧甲州街道 3d2439ed.jpg

諏訪湖の東側の高台にある旧甲州街道からの眺め
eda378d9.jpg

諏訪大社下社秋宮(E)
5fb7e198.jpg

神楽殿 の写真
021e8b20.jpg

幣拝殿
4c434df6.jpg

諏訪大社まで昼食をとっていなくて腹ペコだったので、昼食は諏訪大社に入る前に向かいにある蕎麦屋「山猫亭」で昼食にしました。海老天ざる蕎麦を注文。天ぷらは今ひとつでしたが、蕎麦はコシがあって( ゚Д゚)ウマー

蕎麦屋「山猫亭」
303ce2bc.jpg

海老天ざる蕎麦
1e54ccfc.jpg

諏訪湖のサイクリングコースには木陰や公園などが多くあるので、安心して走ることができます。今回はちょこっと裏道も走ってみましたが、とても風情のある街で楽しかったですね。

本日の走行距離は21km。

本日の走行コース

ストラット タワーバー

ストラットタワーバーは、左右のサスペンション取り付け部分を連結することでボディ剛性を上げるもので、スポーツ系の車には標準装備されていたりオプションパーツとして用意されていたりする、比較的安価でポピュラーなチューニングパーツです。
MR2にはフロントとリアには細めのタワーバーが標準装備されていますが、ストラット部分とボディをつなぐ支持構造のため、ストラット部分の左右を直結する社外品のタワーバーを装着しています。

フロントについては、純正品を取り外して左右直結の2点支持に置き換えていますが、MR2はフロントが軽いためか、正直いって街中では体感できるほど剛性が上がった感じはしませんね。私の感覚が鈍いだけ?
また、ストラット間にスペアタイヤがあるため、タワーバーを装着したままだとスペアタイアを取り出すことはできなくなりました。

リアについては、エンジンルームの開口部が広いためか装着した効果が体感できます。リアセクションのねじれ感や段差を越えた時の左右の揺すられ感が減少し、S字の切り返しの反応もよくなったと思います。

フロント
76cf75df.jpg

リア 純正品を残したまま装着
8e9117dd.jpg

軽井沢に遠征!

昨日は軽井沢まで遠征に行ってきました。
前回の八ヶ岳〜野辺山高原の遠征が辛くとも楽しかったので、味を占めての第二弾です。
ここ最近の週末は仕事やら天気が不安定やらで、RX3に乗れていなかったので久しぶりなのです。

しかし軽井沢に行くのも久しぶりです。夏休みが終わったとはいえ週末なので混雑は覚悟していたのですが、インターから軽井沢駅までの混雑はなく、あっけなく到着。
何も考えずに駅前の駐車場に止めようかと思ったのですが、こちとらRX3を積んでますから、わざわざお金を払ってまで駅前に止める必要はありません。駅前のプリンス通り沿にはパーキング帯があるので、駅から少し離れた場所にMR2を駐車。もちろん無料です。

天気は快晴。湿気もなくとても涼しくて気持ちがよいです。
今回のコースは、旧軽井沢の観光スポットを散策する王堂のコースで行くことに。
スタート地点はプリンス通りにある軽井沢プリンスホテルゴルフコースの近くのパーキング帯からです。

昨日飲み過ぎたので11時に到着(A)
9dcee7e8.jpg

軽井沢の電柱
0b71a8fb.jpg

とりあえず軽井沢駅の北口へ出て万平ホテルへ向かいます。
途中、「矢ケ崎公園」を曲がって奥に入ると、軽井沢らしい木々の木漏れ日の中を走る細い道に入ります。この先を進むと左側に小川が流れる「ささやきの小径」に。アカシアの並木道(本に書いてありました)を小川のせせらぎを聞きながら、さらに奥へ進むと「万平ホテル」に突き当たります。
明治に創業した財界著名人御用達の老舗ホテルです。ここに宿泊するわけではないので、とりわけ興味はないのですが、すごく高いんだろーなぁ。

矢ケ崎公園(B)
bc7ce7af.jpg

アカシアの並木道
3c7fd33b.jpg

ささやきの小径(C)
550c8484.jpg

万平ホテル(D)
fbdec1f1.jpg

続いて旧三笠ホテルへ向かいます。
途中に「軽井沢ショー記念礼拝堂」がありますが、軽井沢ショーってなに?
軽井沢が避暑地となるきっかけを作った人の名前で、本名はアレキサンダー・クロフト・ショー。なんで本名でなく軽井沢ショーと呼ばれるのか?謎です。
ここから軽井沢のメインストリートの三笠通りへ向かう途中には、「聖パウロカトリック協会」があります。憧れの結婚式場だそうですが、思ったより小さく感じました。向かい側には「チャーチストリート軽井沢」。

三笠通りは木立の道が2Kmほど続き、サイクリングには本当に気持ちのいい通りです。
この通りの先に「旧三笠ホテル」があります。中に入るには入場料が必要なので外観だけチラ見。

軽井沢ショー記念礼拝堂(E)
1225eda7.jpg

聖パウロカトリック協会(F)
5162facf.jpg

チャーチストリート軽井沢(F)
6078e156.jpg

三笠通り
2f03436d.jpg

旧三笠ホテル(G)
8f7bcadb.jpg

旧三笠ホテルの先にある「三笠茶屋 くんぺい」のテラスで昼食。
信州そばののれんに引かれて入ったのですが、メニューにあった三笠ホテルのカレーを復刻させた、信州茸と五穀米カレーを注文。甘口だけどもコクがあって美味しかったです。

三笠茶屋 くんぺい(H)
9daa096c.jpg

信州茸と五穀米カレー
a36544f1.jpg

ここからは教会前まで戻って旧軽井沢ゴルフクラブの前を通って「雲場池」に。池というわりには結構大きく、カルガモ?みたいのがいっぱ泳いでました。
あとは軽井沢駅の中をショートカットして南口にある「軽井沢ショッピングプラザ」へ。とりあえすOAKLAYのショップを覗いてみましたが、特に購入するものはナシ。

三笠通りの帰り道
27e7a3ab.jpg

旧軽井沢ゴルフクラブへ向かう道
0f95a3fc.jpg

雲場池(I)
8f8af0ec.jpg

軽井沢駅(J)
98954cdd.jpg

軽井沢ショッピングプラザ(K)
74dcc6e8.jpg

本日の軽井沢ポタリングは以上です。前回の八ヶ岳〜野辺山高原のコースと違い、ほぼフラットなコース。飲み過ぎた体にも優しいコースで、軽井沢ならではの新緑の中を走るのはとても楽しかったです。

本日の走行距離は16km。

本日の走行コース

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント