ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2011年11月

レストラン K&Kでビーフシチュー!

先週から無性にビーフシチューが食べたくって仕方ありませんでした。
たまに、焼き肉とかカツ丼とかが無性に食べたくなるように、いつもの発作です。

どうせ食べに行くなら美味しいシチューが食べたい。しかし、ファミレス以外で近所でシチューを食べた記憶がないのでネットで調べてみると、近所に良さげなお店を(・∀・)ハケーン!!。

お店の名前は「K&K」。シチューとステーキの店で、大通りから離れた住宅街にポツンとあるお店でした。
ネットの書き込みを見ると30年以上も営業しているそうで、近所に住んでいながらまったく知りませんでした。。。
まあ、住宅街にあるお店なので、気がつかないのは当たり前かもしれませんけどね。

店内は木製の家具がいっぱいで、とても暖たたかみのある落ち着いた雰囲気です。
で、肝心のビーフシチュー!メニューを見るとビーフシチューだけで6種類もあります。最初なので一番上の「フランス風」を注文。
赤ワインとトマトで煮込んだシチューで、丁寧に裏ごしされたトマトの食感がたまりません。少し強めの酸味も濃厚な味わいとうまくバランスされていて、チョー(・∀・)ウマーイ!!
もちろんお肉もいっぱい。ゴロっとした塊ではなく食べ易いサイズで、柔らかいのでナイフを使わなくてもOKです。

丁度12時ごろに行ったのですが、地元らしきお客さんがいっぱい訪れているので人気店なんでしょうね。
良い店みっけ!
ステーキも食べたいけども、シチューを全制覇したいと思うほど美味しくて雰囲気の良いお店でした。

ビーフシチュー フランス風
0b364a5b.jpg

レストラン K&K
855c3e45.jpg


より大きな地図で レストランK&K を表示

ブーストアップ with HKS F-CON

私のMR2はエンジンもタービンもノーマルの、いわゆるブーストアップ仕様です。
ブーストアップについては、ブースト圧を頻繁にいじる必要性を感じなかったので、某ショップでブーストコントラーを使わないでブーストアップさせる方法(たぶんオリフィスをイジっていると思う)により、最大ブースト圧はノーマルの0.65kg/㎠に対して0.85kg/㎠まで掛けています。

それほどブーストはかかっていませんが、絶対的なパワーが欲しいわけでなく、フィーリングのいいエンジンにしたかったので、ブースト圧はこの程度で十分だと思ってます。
ブーストアップ後は、ノーマルの状態と比べて明らかにブーストの立ち上がりが早くなり、6,000rpmまで回してもパワーがついてくるようになりました。

しばらくこの仕様で走っていたのですが、やっぱりキッチリとした燃調が必要だと思い、ブーストアップはこのままで燃料補正をHKSのF-CONで現車セッティングすることに。HKS TOKYOでのセッティング費用は当時で4万円だったと思います。
ブーストアップ+F-CONでの制御によるパワー測定の結果、最大馬力は211ps/5700rpm。最大トルクは31.3kg-m/3600rpm。ほぼカタログデータと同じ出力でした。
ノーマルの実測値は190-200ps程度とされているので、こんなものでしょう。

ただし、F-CONを入れたら燃料を薄くセッティングできて燃費が良くなるかと思ったのですが、なぜか燃費は1km/L悪くなっちゃいました。燃料の安全マージンを多くとったセッティングなのでしょうかねぇ。。。

HKS F-CON
4a31f8b8.jpg

HKSのFCDでブーストアップによる燃料カットを解除
436286dc.jpg

ブースト圧はサージタンクとフューエルレギュレーターの間で取ります
713cff83.jpg

ブーストアップ+F-CON制御によるパワー測定の結果
792c00e9.jpg

Steve Jobs I / II

あまり個人の伝記本とかは買ったりしないのですが、Steve Jobsは別です。
取材が嫌いなSteve Jobsが全面協力した、公式伝記であることにも興味があったので購入しました。

まだ、I巻の半分ぐらいまでしか読んでいないのですが、Jobsの生い立ちやappleの創業からMacintoshの誕生など、多くのエピソードや証言などが書かれているので、結構面白いです。

Steve Jobs I / II
420e9346.jpg

青梅 お寺めぐり

最近は遠征ポタリングばかりしてましたので、久しぶりに地元付近を走りに行きました。
ただダラダラと走っても仕方ないので、青梅のお寺(一部神社)めぐりをすることに。

かといって、お寺にまつわる歴史がすごく好きな訳ではないのですが、古い日本建築ってデザインもさることながら、作り込みの凄さに圧倒されるので、建築物として見るのは大好きなのです。

で、最初はお昼を食べに手打ちうどん そばの「月与の童屋」へ。
今日は天気がよく、少し気温が高くなったのですが、冬期限定の鍋焼きうどんを注文。うどんの歯ごたえが結構しっかりしていて、とても美味かったです。

月与の童屋(A)
c6ba54f8.jpg

鍋焼きうどん
364e12db.jpg

最初に向かったのは「延命寺」。青梅駅の近くあるお寺で、五重塔があるらしいので行ってみました。
延命寺はあったのですが、五重塔はどこ?あたりを見回しても、それらしい建物はありません。よ〜く探すと入り口近くにありました。全高は5mぐらいでしょうか。。。ちっちゃくて気がつきませんでした。
延命寺は応安2年(1369年)の創建ですが、五重塔は昭和初期に個人により建立されたものだそうです。

延命寺(B)
a0eedba1.jpg

五重塔 5mぐらいですが作りは精巧です
a7ace090.jpg

続いて近くにある「住吉神社」へ
本殿に向かう長い石階段が特徴で、個人的には、こういった階段は風情があるので大好きです。本殿は江戸時代に作られたもの。

本殿に向かう長い石階段
faa0641c.jpg

住吉神社 本殿(C)
8d0c3337.jpg

ここから少し走ると「聞修院」があります。
現在の本堂は嘉永3年(1850年)に再建されたもので、どかーんと大きな茅葺屋根が実に見事です。
敷地も広くコンサートなども主催している変わっているお寺です。

聞修院(D)
3b6e3075.jpg

3134942d.jpg

見事な茅葺屋根
f421bd2c.jpg

続いて「天寧寺」。ここは本堂までにいくつかの門があるのですが、どれも風格のある門です。
山門は宝永10年(1760年)の建立された二階建ての門で、両脇には多聞天像と増長天像が祀られていています。先へ進むと嘉永6年(1853年)に建立された中雀門があり、個人的には中雀門の作りのほうが好きですね。
そして中雀門の正面には、大きな茅葺型銅板葺きの屋根をもつ本堂(法堂)があります。

天寧寺 山門(E)
702944a1.jpg

多聞天 ベルトが可愛い
145a347b.jpg

天寧寺 中雀門 どっしり感が好きです
e57ab293.jpg

天寧寺 法堂
7bdcb166.jpg

そして最後は「塩船観音寺」。
広大な敷地の中には、室町時代に建立された本堂、阿弥陀堂、仁王門など国の指定重要文化財の他に、数多くの文化財を有しているお寺です。
まわりを小丘に囲まれた独特な地形で、花の寺として名高く2万本のつつじが有名です。
一番奥には塩船平和観音立像があるのですが、これは2010年に建立されたものなので、他とは雰囲気が異なります。

塩船観音寺入り口(F) 左は山門(仁王門)
5bf35623.jpg

金剛力士立像
13c8fcab.jpg

薬師堂 もちろん、ぼけ封じしてきました
d8d677eb.jpg

本堂
95575c79.jpg

塩船平和観音立像
f92bfb2a.jpg

青梅には多くのお寺や神社が点在しているのですが、今回はぐるりと回るようなコース取りでセレクトしてみました。

本日の走行距離は20km。

本日のコース

VanNuys 携帯ネックストラップ

VanNuys(バンナイズ)の携帯ネックストラップを購入しました。色はカーキグレー。
なんで、こんな地味な色のストラップを買ったのかというと、先日購入したAVIREX EAGLE ワンショルダーバッグをポタリングで使った時に、ワンショルダーだとバッグが少しずつ脇にズレてくることが分かりました。

ならば、空いている反対側のフック留めとショルダーのフロントを結ぶ、補助ストラップを追加すれば横ズレが防止できると思い、バッグ用のベルトなどをネットで探したところ、丁度良い長さのVanNuys 携帯ネックストラップを見つけました。

長さは43cmで幅は0.9cm。ミニナスカンが付いているので、そのままフック留に取り付けて、フロント側をカラナビで固定すれば取り外しも簡単です。
これでフィット感がアップ!素材は8号帆布製なので耐久性も問題なさそうです。

VanNuys 携帯ネックストラップ カーキグレー
9e2e5fb4.jpg

ミニナスカン付き
cdf256cc.jpg

AVIREX EAGLE ワンショルダーバッグに取り付け
1792c740.jpg

補助ストラップの完成
eefe9094.jpg

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント