ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2013年01月

MICHELIN LITHION.2にチェインジ!

ESCAPE RX3の初めてのタイヤ交換です。
交換するタイヤはMICHELIN(ミシュラン)のLITHION.2(リチオン2) 700×25C。事前にネットで調べてみると、ビードが硬くてリムにはめるのが一苦労との情報。。。

どの程度硬いのかは、やってみなきゃ分かりません。とりあえずタイヤ交換の開始です。
チューブは1度大きいサイズで使用したものを、小さいサイズで使い回しするのは良くないらしいので、チューブもSCHWALBE 700×18-28c 15SVを2本新調しました。

最初はRX3から前後のタイヤを取り外します。続いてチューブのエアを抜いて、リムから中のチューブと純正タイヤのMICHELIN Dynamicを取り外して、リムをスッポンポンにします。何度もチューブ交換をしているので取り外すのは簡単です。

MICHELIN LITHION.2 700×25C with SCHWALBE 700×18-28c 15SV
29942d37.jpg

前後のタイヤを取り外します
81edc8b3.jpg

チューブのエアを抜きます
83756eab.jpg

リムからタイヤとチューブを取り外します
07725ffb.jpg

ここからが本番。LITHION.2をパッケージから取り出して、タイヤを引き延ばして外形を整えます。 LITHION.2には回転方向の指示が書かれていませんが、センター部分の左右に斜線のスリットパターンがあるので、狭くなる方を進行方向に合わせます。実質的な排水性能には関係ないらしいので、見た目だけですけどね。
MICHELIN LITHION.2のロゴをバルブの位置に合わせてから、片側のビードをホイールのリムに収めていくのですが、ロゴの位置は後でズラすことはできないので、最初に位置決めをする必要があります。

続いてチューブのバルブをリムの穴に通して、少し空気を入れます。こうしたほうがリムの中にチューブに入れるのが簡単で、ビードがチューブを噛み込むのを防ぐこともできるのです。
そして丁寧にチューブを包み込みながら、逆サイドのビードをはめ込んでいきます。チューブのバルブ部分からはめ込んでいくと、ビードがリムの中央に落ちにくくはめにくくなるので、バルブ部分が最後になるように、バルブの反対側から左右均等にはめ込んでいくのが良いそうです(サイクルベースあさひのメンテナンスマニュアルより)。

最初はバブルの反対側から順調にはめ込んでいけるのですが、残り20cmからが正念場。
ネットの情報通りはめ込むのが激キツイ!冬の外で作業をしているからなおさらです。タイヤレバーを使うと中のチューブを痛めるので、親指の腹でグイグイ押しても、ビクともしません。。。
冬の寒空の下で途方に暮れ(´Д`)ハァ…しばらくこのままの状態で放置してから再び押し込んだら、意外にあっけなくはまりました。放置したことで、タイヤのビード位置がリムの中央に少し沈み込んだのではないかと。
2本目も同じだったので、気のせいじゃないと思うのですが。。。

最後はタイヤがチューブを噛み込んでいないかを一周ぐるりと確認して、バルブを押し込んでから空気を入れれば一丁上がりです。

タイヤの外形を整えます
5f1e2457.jpg

片側のビードをはめ込みます
da6a59bc.jpg

チューブを入れてから少し空気を入れて作業をし易くします
755c7186.jpg

残り20cmからが正念場
dd65942b.jpg

どうにかはまりました ビバンダムくんもニッコリ
4b6c6823.jpg

2本とも交換完了 タイヤ断面の高さも小さくなって精悍です
99db073e.jpg

MICHELIN LITHION.2 700×25C
c0d824fe.jpg

前後2本のタイヤをLITHION.2に交換して作業は終了。
気になったのは、タイヤをグイグイ押し込んでいると、タイヤ表面をコーティングしているロウ?のようなものがボロボロ剥がれて、手がベタベタに。タイヤ表面にもザラザラ、ベタベタ付いているのですが、これは走行していると自然に無くなっちゃうらしいので放置します。見た目は汚らしいですが。。。

MICHELIN LITHION.2のロゴは大きくて(・∀・)カコイイ!! タイヤの幅だけでなく断面の高さ(車でいう扁平率?)も小さくなったので、見た目がシャープで精悍です。
LITHION.2 25Cのタイヤ断面幅を計ったらピッタリ25mm。Dynamic 28Cは30mmありました。細くなったといえば細いのですが、それほどビックリするような細さではないですね。

タイヤの変更に伴い、knog N.E.R.D 9FUNCTIONの円周データも忘れずに変更します。実測値で2,115mmでした。
LITHION.2の重量は250gなので純正のDynamicからは90qの軽量化。2本で180qの軽量化となります。これがどの程度走りに違いが出るのか楽しみです。←今回レビューしないのかよ。。。

MICHELIN LITHION.2 25Cの断面幅は25mm
25b222a1.jpg

MICHELIN Dynamic 28Cの断面幅は30mm
0ceff25d.jpg

MICHELIN Dynamicよ3,000km走行お疲れさん!
a19c0c02.jpg

ESCAPE RX3 with MICHELIN LITHION.2 700×25C
3bd21880.jpg

9478d181.jpg

再び狭山湖を抜けて多摩湖ポタ

昨日は先週の多摩湖からトトロの森を抜けて狭山湖ポタが物足りなかったので、再び狭山湖へ行ってきました。
狭山湖は「かたくりの湯」から六道山公園を抜けて、狭山湖外周道路に入るとぐるっと一周できるのですが、ほとんどが未舗装の砂利道で、MTBには最適なコースらしいのですが、クロスバイクでもビミョーなコースであることが分かりました。
なので、今回はいつも青梅街道から「かたくりの湯」を通過して多摩湖へ向かうコースを変えて、狭山湖外周道路のさらに北側外周を走って狭山湖に行ってみることにします。

入間方面に入る途中、瑞穂町では駅伝競走大会が開催されていていました。今年で37回も続いている瑞穂町の恒例行事だそうです。沿道には沢山の応援者が集まっていて、交差点には武州唐獅子太鼓でドンツク盛り上がっていましたね。規模はどうあれ、駅伝を生で見るのは初めてだったりします。
この先から六道山公園方面に北上し、早稲田大学 所沢キャンパスを目指します。

早稲田大学 所沢キャンパス手前から、狭山湖外周道路に入ったのですが、ここも未舗装の砂利道です。しかも北側の林道のため途中に雪が何カ所も残っていて、道はアップダウンしているので押しながら進まないといけません。。。
結局、舗装道路になるのは狭山自然公園の入口のほんの手前からでした。そして狭山湖防波堤に到着。

お昼は、またしてもTrattoria Adriano(トラットリア アドリアーノ)へ。今日は、広島産大粒カキのペペロンチーノ からすみ仕立てを注文。ペペロンチーノなのですが、辛みを控えた優しい味付けで美味しかったですね。カキ大好きですし。。。

ここから多摩湖サイクリングコースに入ろうと思ったら、北側は結構雪が残っていて走るのは危険です。当然ながら、今日はコースを走っている人は全くいませんねぇ。走りに来たオレがおかしいだけなのか。。。←気がつくのが遅かった
仕方がないので、サイクリングコースと併走している道路を走って多摩湖防波堤へ向かいます。防波堤から南側のコースは雪がなかったのですが、東側になると雪が残っていそうなので、途中から青梅街道に南下して帰宅しました。

今回は狭山丘陵の北側を回って狭山湖に突入してみたのですが、雪が残っていたせいもあって今ひとつ。またしても、お昼を食べに行っただけの、不完全燃焼ポタになってしまいました。。。

本日の走行距離は39km。

今日もよい天気です
eb0d7de3.jpg

瑞穂町 駅伝競走大会 武州唐獅子太鼓
1d11dd88.jpg

六道山公園入口付近
791b65f8.jpg

狭山湖外周道路
2dca8d0c.jpg

狭山湖防波堤に到着
ce77e0cc.jpg

今回もTrattoria Adrianoでお昼
f6f850c0.jpg

広島産大粒カキのペペロンチーノ からすみ仕立て
731ba10b.jpg

多摩湖サイクリングコースの北側には雪が残ってました
ea734f3d.jpg

多摩湖防波堤
a9ed8dd2.jpg

空には飛行機雲
2d7a950e.jpg

本日のコース

より大きな地図で 再び狭山湖を抜けて多摩湖ポタ を表示

ESCAPE RX3のタイヤ選び

前回のESCAPE RX3のパンクについて考察した結果、全て片側のタイヤのみで発生していることが分かり、今の前輪タイヤは耐パンク性能的に寿命だと思われることから、新しいタイヤに交換することにしました。
純正タイヤのMICHELIN Dynamic(ミシュラン ダイナミック)は2年で約3,000kmを走行。5,000kmぐらいは保つと思われたのですが、タイヤ表面のキズは致命的なようです。

RX3の純正タイヤであるMICHELIN Dynamic(Classic)やDynamic Sportについて調べてみると、28Cサイズのリプレイスタイヤは普通に売っていません。まぁせっかく交換するので、より性能の高い、もしくは軽量なものにしようと探したのですが、意外に28Cのサイズって種類が少ないんですねぇ。しかも28Cは廉価版のタイヤばかりで、性能の高いものは無いようです。

ならば、あれ行くっきゃないでしょ。そうですサイズダウンして軽量化ってヤツです。
すでに多くのRX3オーナーが、純正ホイールのGIANT S-R2で23C化をされているので、リム幅は問題なさそうです。
RX3乗りのブログを拝見すると、ほとんどの方がロードバイクに憧れて23Cまで行っちゃってますねぇ。私的にはスピード重視ではなく、あくまでポタリングなので乗り心地は重要です。
で、できれば少しでも坂道が楽になればいいなぁという、ささやかな思いによる軽量化なので、1サイズ細い少数派の25Cにすることに。カラータイヤにも興味ないしね。

Dynamic(Classic)28Cの重量は340g。これよりも軽くて性能が高く、乗り心地が良さそうな25Cタイヤを、色々調べて厳選した結果、以下の2つに絞りました。
・MICHELIN LITHION.2(ミシュラン リチオン2)25C/250g。
・BRIDGESTONE EXTENZA RR2X(ブリヂストン エクステンザ RR2X)25C/230g。

LITHION.2はMICHELINのDynamic(classic)とPROシリーズの中間グレードで、EXTENZA RR2Xも中間グレードですが快適性と耐久性を追求したロングライドモデル。値段はEXTENZA RR2XのほうがLITHION.2よりも1,000-1,500円も高価です。

面白いのは、この2つのタイヤの推奨空気圧。
EXTENZA RR2Xは体重65kgの推奨空気圧が750-800 kpa(7.5-8 bar)なのですが、LITHION.2の指定空気圧は5-7 bar。パッケージ裏に記載されている換算表だと、体重65kgの適正圧は5 bar程度のようです。MICHELINは低圧だといいますが、同じ25Cサイズなのに、ここまで空気圧の設定が違うものなのか不思議ですね。

耐パンク性能も含めたトータル性能は、EXTENZA RR2Xのほうが高そうなのですが(値段も)、ここはあえてLITHION.2を選択しました。MICHELINの信頼性もあるのですが、EXTENZA RR2Xより指定空気圧が低いので乗り心地は期待できますし、最初からグレードを上げてしまうと、後戻りできなくなっちゃいますからね。
しかしPOTENZA信者としては、BRIDGESTONEのタイヤにも興味があるのも事実。これは次回のお楽しみにとっておくことにします。

MICHELIN LITHION.2 700×25C
d9ca3906.jpg

またしてもビバンダムくんのお世話になります
7c639fea.jpg

浜松 朝からうなぎ弁当

昨日は仕事で浜松に出張していました。
浜松といえば、うなぎです。
夜遅くまで仕事をして、その後はいつものように飲みに行ったので、うなぎにありつくことができません。仕方ないので帰りの新幹線の中で、朝からうなぎ弁当を食べて帰ってきました。
やっぱり、うなぎは美味い!

うなぎ弁当 photo by Xperia ray
a8b62695.jpg

多摩湖からトトロの森を抜けて狭山湖ポタ

今日は天気が良かったので、多摩湖サイクリングコースへ行ってきました。
いつも多摩湖を一周するコースでマンネリ化しているので、今日は季節外れですが、近くにある「トトロの森」を散策しながら隣の狭山湖を覗いてみるコースです。

まずは腹ごしらえ。
いつもの「かたくりの湯」の先から多摩湖サイクリングコースに一旦入って、赤くて目立つ千体観音の赤門が見える手前から、サイクリングコースを外れて狭山湖方面に向かいます。
今日のお昼は、狭山湖の入口手前にある「Trattoria Adriano(トラットリア アドリアーノ)」へ。こんな場所に、こんな本格イタリアンのお店があったんだぁって感じです。店内は大きめのガラスから日差しが入って明るい雰囲気。外にはテラス席があるので、暖かくなったら利用したいですね。
注文したのは、赤ワインで煮込んだボローニャソースとしめじのスパゲティ。上品なミートソースにしめじが美味い!いつも多摩湖周辺のお昼に困っていたので、このお店は貴重な存在です。

ここからトトロの森は目と鼻の先。
トトロと言えば「となりのトトロ」宮崎駿監督の映画ですね。ここ狭山丘陵が風景モデルのひとつとされていて、トトロの森はナショナルトラスト事業により保全されている、狭山丘陵周辺の山林地なんだそうです。
狭山湖周辺にはトトロの森が点在しているのですが、とりあえず1号地を目指します。途中に15号地と3号地があるのですが、ここは森というよりも林って感じですね。
奥へ進むと1号地。ここは森って感じです。あたり前ですが、保全された森なので看板があるだけで、別に観光地ではないので、トトログッズも売っていません。季節が夏ならば映画の雰囲気も感じるのでしょうが、今は冬。。。
何かを期待していた訳じゃないのですが、やっぱり何もなくてちょっと(´・ω・`)ショボーン

この先の道を抜けられると思ったのですが、道は遊歩道で階段しかありません。戻るのもイヤなので、気合いと根性でRX3を担いで階段を登ります。RX3を押しながら道なりに進むと道路脇に堀口天満天神社があります。
この堀口天満天神社は雰囲気のある神社ですね。小さいのですがギュッとした凝縮感のあるしっかりとした造りが好みです。途中ぬかるみを押しながら進んだため、タイヤが異常にドロだらけなので、一休みしながらタイヤの泥を落とします。

うーむ。トトロの森にもっと何かあると期待し過ぎたのか、何か物足りません。やっぱり狭山湖を一周するコースにするべきだったと反省。。。
仕方ありませんが狭山湖の防波堤を通って、多摩湖の村山上ダムをショートカットして多摩湖サイクリングコースで帰宅です。
今日はお昼を食べて森を散策しただけのポタだったのでした。。。

本日の走行距離は32km。

今日もよい天気です
39a61f7f.jpg

青梅街道から「かたくりの湯」方面に向かいます
8749a2eb.jpg

多摩湖サイクリングコースへ入ります
5cdaca93.jpg

千体観音の赤門手前から狭山湖方面へ
9d7b0df6.jpg

Trattoria Adriano
510ca185.jpg

明るい雰囲気の店内
66f56188.jpg

セットのサラダと自家製のパン
0f3876ef.jpg

赤ワインで煮込んだボローニャソースとしめじのスパゲティ
6d3ad3d9.jpg

トトロの森15号地
dd9e0ac8.jpg

トトロの森3号地
150fcac1.jpg

先に進みます
dc7bdf10.jpg

このあたりから湿地帯になります
c6cf538a.jpg

トトロの森1号地 横の階段をRX3を担いで登ったりします
f194e8c4.jpg

堀口天満天神社
6a20db89.jpg

小粒ですが良い造りです
973f5c50.jpg

狭山湖防波堤
308a1b56.jpg

本日のコース

より大きな地図で 多摩湖からトトロの森を抜けて狭山湖ポタ を表示

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント