ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2013年02月

腰痛 vs ボルタレンACテープ

またしても腰痛です。
月曜日から腰の調子が悪くて、コルセットをして騙し騙し会社に行っていたのですが、ついに座った姿勢から立って動けるまで、ペンギンのような移動しかできなくなってしまい、自ら戦力外通告を発動して会社を休むことにしました。

いつもの腰痛なので、痛み止めのシップを貼って養生しているしかないのですが、今回は新兵器の投入です。
売薬の皮膚鎮痛消炎剤といえば、インドメタシン配合のバンテリンが有名ですが、処方薬の鎮痛消炎剤で最強のボルタレン(ジクロフェナ クナトリウム)が皮膚鎮痛消炎剤として発売されているのを知っていたので、買ってみました。

通常の皮膚鎮痛消炎剤は第2類医薬品なのですが、こいつは第1類医薬品。さすが王者の風格です。値段は高いけど、よくやったぞノバルティス! 私はこれを待っていました。
皮膚鎮痛消炎剤の効果は個人差がありますが、プラシボー効果もあってか、こいつは効きますぞ。

ボルタレンACテープ by NOVARTIS
84b5da4b.jpg

CITIZEN電波アナログ目覚まし時計ネムリーナシモン

部屋にはベット横に目覚まし用の目覚まし時計?とテレビ横に時間を見るための目覚まし時計が置いてあります。
先日SSDに換装したMac miniの起動時間を測定するために、テレビ横の目覚まし時計を使っていたら、突然動かなくなってしまいました。傾けていたので電池がズレたのかと思い、電池を刺し直したのですがピクリとも動きません。電池切れかもしれないので、電池を入れ替えてみてもサッパリ。もちろんド突いてみましたが、まったく動く気配がありません。。。
この時計は20年ぐらい使っていたのですが、無いと困るので仕方なく新しく買うことにしました。

目覚まし時計を買うのは久しぶりで、ビックカメラに見に行ったのですが、目覚まし時計のプロダクトデザインってロクなもんがありませんねぇ。携帯電話もスマホに変わってデザインが一瞬で変ってしまったのに、目覚まし時計は時代に残された、ガラパゴス化したデザインを貫いているように思えます。
まあ、毎年買うようなものじゃないので、デザインの進化は必要ないのか、デザインが進化して買い替えの時にビックリしないように気を使っているのでしょうかねぇ。

しかし、もう少しまともなデザインはないんだろうか。形も丸型か四角型ぐらいだし、どれを見ても同じようなデザインと色で、文字盤のデザインも垢抜けたものがありません。20年前と何も変わっちゃいませんね。個人的にはスッキリとしたデザインで、文字盤が見やすいのが良いのですが、どれを見ても今ひとつ。
日本メーカーだって腕時計はこだわっているんだから、高級腕時計と同じモチーフで目覚まし時計を作るとか、そういう発想はないんでしょうかねぇ。値段が安いからこだわれないんじゃなくて、長く壊れないんだから、デザインにこだわったものがあってもいいんじゃないのかと思いますけどね。

結局、消去法でCITIZEN(シチズン)のネムリーナシモン(名前のセンスもどうかと思うぞ)を買いました。
白い文字盤でシルバーのボディが展示してあったのですが、黒い文字盤でシャンペンゴールドのボディが在庫の箱にあったので、見せてもらって、こちらを購入しました。

最近の目覚まし時計は電波時計になっているんですね。こういった部分は進化しているので感心しますが、もっと買いたくなるような、ワクワクするプロダクトデザインの目覚まし時計を作って欲しいものです。
しかし、針の夜光塗料までケチるなよなぁ。。。

CITIZEN電波アナログ目覚まし時計ネムリーナシモン 4RL430-018
df197759.jpg

MR2のオイル交換

半年に1度のMR2のオイル交換です。
オイルはいつもと同じ、BP vervis SPORT Stinger(ビーピー バービススポーツ スティンガー)。部分合成油10W-50のスポーツオイルです。
休日のオイル交換は混雑するので、いつも午前中にサクッと交換してもらってます。

bdf8b07d.jpg

2d4ea2e0.jpg

Mac mini Early 2009をIntel SSD 335に換装

私が使っているMac miniは、Apple StoreのB.T.OでIntel Core 2 Duo 2.26GHz、メモリ4GBにカスタマイズしたEarly 2009モデル。HDDの容量は120GBしかなく、最近はブログ用の写真が増えてきたので、120GBのHDDでは心もとなくなってきました。
3年前のモデルなので、そろそろ新しいユニボディのMac mini Late 2012に買い替えようかと考えたのですが、最近はSSDが結構安くなってきたので、とりあえずHDDを高速なSSDに換装して延命することにしました。SSDは新しいMac miniを買っても、換装しようと思っていたので無駄にはなりませんからね。

OSも使用するアプリの問題でMac OS X 10.6 Snow Leopardを使っていたのですが、2世代前のOSで、そろそろセキュリティ修正のメンテが怪しくなってきたので、ついでにOSも最新のOS X 10.8 Mountain Lionにすることにしました。

SSDは最新型のIntel SSD 335シリーズ 240GBを購入。
他メーカーと比べて転送速度は爆速ではありませんが、全てにおいて安定した性能で安心感があるSATA3(6 Gbps)のSSDです。それでも転送速度はRead最大500 MB/sec、Write最大450 MB/secとHDDとは比べ物にならないほどの早さです。
前モデルの330シリーズからの変更点は、最新の20nmプロセスで製造されたNANDフラッシュメモリが採用され、消費電力は1/2以下に減少。発熱が少ないのでコンパクトなボディのMac miniには適したSSDだと思います。また、SSDの重量はHDDと比べてかなり軽いですね。

いつも最新OSを入れる時は、上書きインストールではなくクリーンインストールをしているので、新しいSSDの容量にあわせてバックアップ用のHDDも再構築し、今までのSnow Leopard環境もデュアルブートできるようにCarbon Copy Clonerでコピーしておきます。
新しいOSのMountain LionはApp Storeからダウンロード購入し、外部USBからインストールを行うためにSilicon PowerのUSBメモリ8GBも購入して、インストール用USBメモリを作成します。
文章で書くと短いのですが、同時に作業ができないので、ここまでの作業に4時間ほどかかったりします。。。

Intel SSD 335シリーズ 240GB
4ba5451f.jpg

19f7d4c6.jpg

インストール用に用意した、Silicon PowerのUSBメモリ8GB
f5798b0d.jpg

Mountain Lionへの移行の準備が整って、ここから、やっとMac miniを分解してSSDの換装作業を行います。
ユニボディ前のMac miniは外装部分にネジがなく、分解が厄介な筐体で有名です。分解するには薄いヘラを使って、上蓋を固定しているツメを外す必要があるので、ダイソーで50mm幅のスクレーパーを買ってきました。

ではMac miniの分解を始めます。
Mac miniを裏返して、裏蓋の脇に隙間にスクレーパーをグサッと入れます。テコの原理で外側に倒し込むと内部のツメが外れるので、そのまま倒し込んで内側を少し持ち上げます。最初は躊躇するのですが、慣れると簡単。これを3面分丁寧に持ち上げて、上蓋のアルミ部分を外せば作業は半分以上終わったようなものです。
内部ユニットはマザーボードとドライブユニットの二重構造になっています。上部にあるWiFiとBluetoothのアンテナを3本外して、ドライブユニットを固定している四隅のネジを外します。ドライブを接続しているフレキシブルケーブルを外して引き上げると、下部のロジックボードからドライブユニットを取り外すことができます。

ドライブユニットからDVDドライブを固定しているネジを6本外して、2.5インチHDDを固定している4本のネジを外してSSDに入れ替えます。HDDの前面部分には温度センターが付いているので、取り外してSSDに貼り戻します。
あとは作業を逆戻りするだけで、SSDの換装作業は完了です。所用時間は45分程度でした。

Mac mini 開腹の儀
28c82dbf.jpg

Mac miniを裏返します
c72cf6cb.jpg

スクレーパーを躊躇なくグサッと差し込みます
62a80ee5.jpg

ツメを外して持ち上げます
5d09761f.jpg

開腹
8486d759.jpg

アンテナを3本外します
0708be27.jpg

ドライブユニットを固定している四隅のネジを外します
a88770e1.jpg

フラットケーブルも外します
164ff4c4.jpg

ドライブユニットを取り外します
573106f6.jpg

ロジックボード
b24f83cd.jpg

ドライブユニットからDVDドライブを外します
29e54964.jpg

やっとHDDまで到着
3fd8dde1.jpg

HDDを外します
b1d0325d.jpg

SSDに換装
68776f1a.jpg

ここから先ほど作っておいたインストール用UBSメモリを刺して、optionキーを押しながら起動。ディスクユーティリティでSSDをフォーマットして、Mountain Lionをインストール。インストールが終了したら、SSDのアクセス速度の低下を防ぐため、TRIM Enablerを使ってTrimコマンドを有効化します。
あとは、使っていたアプリケーションを全て再インストールして、設定データを戻そうと思ったら、ユーザーのライブラリフォルダが見当たりません。。。ネットで調べるとMac OS 10.7 Lionから初期設定で非表示になっているそうです。仕方ないのでターミナルを使ってフォルダを表示させて、各種設定データを保存します。
最後にiTunesとiPhotoの大量のデータを移せば移行作業は終了。この作業も結構時間がかかるんですよ。。。
クリーンインストールしたOSは、やっぱり気持ちいいですね。使わなくなったアプリも整理できるのでスッキリしました。

で、肝心のスピードはどうなのかといいますと、動作はキビキビして、アプリの起動も今まで4-5回バウンドしていたのが、ほとんど1バウンドで起動する早さで快適です。ヽ(・∀・)イヤホーイ!
ならば起動時間も相当早くなっているだろうと試してみると、40秒。。。あれ?前のHDDでSnow Leopardの起動時間は1分5秒だったので、それほど早くありません。ちまたでは20秒で起動するといわれているんですが、どうゆうことでしょう。。。
おかしいと思いXbench 1.3でDisk Testを行ってみると、Write/Readの最大速度が110 MB/sec程度しか出ていません。Mac mini Early 2009の接続インターフェイスはSATA2(3 Gbps)なので、200-300 MB/sec程度まで出てもおかしくないはずなのですが、どうして???

ネットで色々調べた結果、Mac mini Ealy 2009で採用されている、NvidiaのチップセットMCP79との相性が悪く、SATA1(1.5 Gbps)として誤認識されてしまうそうです。これはシステム情報からも確認でき、本来SATA2の転送速度は3キガビットで接続表示されるはずが、ネゴシエートされたリンク速度:1.5ギガビットと表示されています。Σ(゚Д゚)ガーン

なんだよー。せっかくSSDに交換したのにWrite/Readの最大速度は1/3程度しか出ていないのかよ。まあ、それでもRandom Write/Read 4Kは最大速度が出ているので、アプリの起動など体感速度はかなり早くて快適なんですが、本来の性能が出ていないと思うと今ひとつ納得できませんねぇ。
このSSDの性能を官能するためには、やはりSATA3に対応したMac mini Late 2012を購入すべきなのか悩みます。。。ヽ(`Д´)ノウワァァァン

Xbench 1.3の結果 Write/Readの最大速度は110 MB/sec程度しか出ていません
e4c77c68.jpg

システム環境でSATA1(1.5ギガビット)で認識されていることを確認
4d8c3890.jpg

ご近所ポタ ピザハウス バンビーノへ

今日は風が冷たくで遠くに出かける気がなかったので、羽村市にあるピザハウス バンビーノへランチポタしてきました。
このバンビーノ。結構有名なお店で知っていたのですが、今回初めておじゃまします。なにが有名かって、ピザのチーズがハンパないのです。

今日は風が冷たかったので、ピザの他に大好きなオニオングラタンスープを注文と思ったら、オニオングラタンスープは品切れ中。。。仕方ないのでミネストローネを注文。しかしこれが、あとで後悔することに。。。
ピザのトッピングは50種類の中から選ぶことができます。チーズの量がハンパないので、味が濃いめと思われる、アンチョビイ、オニオン、ピーマンをSサイズ(直径20cm)を注文。
店内は落ち着いた60年代の雰囲気。店内には50'sから60'sのアメリカンミュージックが流れています。こういった雰囲気は大好きです。横田基地に近いからなんでしょうかねぇ。

最初にミネストローネを食べたのですが、酸味は控えめでタマネギがまろやかで美味い!しかも大皿で量もたっぷりです。
続いて、メインのピザが到着。説明するよりも写真を見てもらったほうが早いのですが、表面はチーズで具が見えませんよ。噂では聞いていましたが、これでもかっというぐらいチーズの量が圧倒的でハンパありません。ピザ生地は薄めで、横から見るとチーズの厚みは1cmぐらいあるんじゃないかと。。。

ビザは6ピースにカットされているので、最初の1ピースをいただきます。
チーズがビヨーンと伸びるのですが、中央部分はチーズの重さに耐えられず、お皿に流れ落ちるほど。1ピースがこれほど重いピザは初めてです。チーズはトロトロ、香りも良くて味も美味い!チーズの味(量)に負けないようにアンチョビイを選んだのは正解。アンチョビイの塩味がチーズの味を引き立てています。

続いて2ピース目。うんうん、オニオンもピーマンもいい味出していて、ピザ生地もパリッとしていて美味しいねぇ。
そして3ピース目。美味しいけど、やっぱりチーズの量はハンパないよなぁ。
4ピース目。最近、食が細くなったせいなのか、4ピースで十分なような気がするぞ。心なしかチーズに喉が抵抗し始めてますが。。。

ここで残りの2ピースを眺めながら、しばし休憩。。。
ここまでピザと一対一で向き合ってきました。やっぱり、最初にミネストローネを食べたのは失敗だったのではなかろうか。山盛りのチーズと分かっていながら、サラダを一緒に注文せずに一対一で立ち向かったのはミスではなかろうか。しかし今からサイドオーダーする余裕はないぞ。。。
などと大量のチーズにやられた、もうろうとした意識の中で自分を責め立てます。ここで残したら美食屋トリコに怒られてしまいます。

そして、ここからが大人の戦いです。
5ピース目。マラソンでいえば30kmの壁でしょうか。ガクっと身体が動かなくなり、食べるスピードが落ちています。ここを乗り越えなければゴールすることはできませんので、ゆっくりと確実にこなしていきます。
そして最後の6ピース目。。。
これで最後、これで最後と念仏のように言い聞かせて、突き進みます。すでにピザを食べているというよりも、チーズを丸呑みしているような気分です。そして完食(*´д`*)ムッハー

ここのピザはすごく美味いんですよ。しかしチーズの量はハンパありません。Sサイズでこの状態です。普通にMサイズ(25cm)を食べる方もいるようですが、オッサンにはムリっす。
今年一年分のピザを食べた気分です。ごちそうさまでした。。。

ピザハウス バンビーノ
064462fd.jpg

店内
51c35ffa.jpg

ミネストローネ
40110648.jpg

アンチョビイ、オニオン、ピーマンのピザ Sサイズ
1aaa4f43.jpg

ここからが大人の戦いです
407c0798.jpg

どうにか完食
7c252c4c.jpg


より大きな地図で ご近所ポタ ピザハウス バンビーノへ を表示

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント