ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2014年01月

冬の夜はクノール スープDELIで

冬になると、夜にちょこっとスープを飲むのが好きです。
これまでにいくつかのメーカーのスープ(粉末タイプ)を飲んできましたが、昨年からクノールのスープDELIにハマっています。
このスープDELIはカップタイプと3食入りパックタイプがあって、カップタイプのほうが種類が豊富なんですが、私は自分のマグカップに入れて作る3食入りパックを買っています。

3食入パックは、ボストン クラムチャウダー、ポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタ、完熟トマトのスープパスタの3種類。完熟トマトのスープパスタは酸っぱくて私の好みじゃないのですが、ボストン クラムチャウダーとポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタは美味い!

マグカップに粉末のスープとお湯を注いで1〜3分で完成なのですが、かなりとろりとしたコクのあるスープでお気に入りなのです。

クノール スープDELI
84281e8d.jpg

霞川を下って入間市の里山と湧水をめぐるポタ

今日は入間市まで里山と湧水めぐりをしてきました。
入間市のホームページには「入間市ふれあい茶ん歩道」という7つのコースが紹介されていて、今回はその中から「里山をめぐる」と「湧水をめぐる」の2コースを繋ぎ合わせて走ってみることに。
普段なら自宅から入間市までは狭山の「茶どころ通り」を走るのですが、「里山をめぐる」コースの起点付近は霞川。青梅市から続く一級河川で、霞川沿いには途切れ途切れではあるものの、遊歩道が整備されているそうなので、霞川を下って入間市まで向かってみることにしました。

霞川には青梅市今井にある観音橋から入ります。ここでは川の両岸に遊歩道が整備されていますが、何となく左岸の遊歩道で進むことに。ここでの道幅は4m程度で、ほとんど人は居ません。
多摩サイのようなサイクリングコースではありませんが、川沿いの遊歩道も結構良い雰囲気です。っと思ったのもつかの間。しばらくすると遊歩道が途切れてしまいました。遊歩道はGoogle Mapにも表示されないので、勘を頼りに川の左右どちらかの一般道に迂回して、再び川沿いの遊歩道を見つけなければいけません。

迂回路からは川が確認しづらいので、どこから遊歩道が再開しているのか分からず難儀するのですが、意外に橋が多いので行き止まった遊歩道の先に見える橋の付近まで迂回して、橋まで戻ると新しい遊歩道が川の左右どちらかにあるって感じですね。
しかも遊歩道が途中で行き止まりになっている場所もあって、手前の橋まで戻って反対側を進んだりと、回数は数えていませんが、結構途切れてますねぇ。
その度に遊歩道の道幅も広くなったり狭くなったり、未舗装の砂利道や草の道だったりバリエーションに富んでいます。。。

少しの雲の多い天気
b3878aac.jpg

霞川
dad500cd.jpg

観音橋から霞川沿いの遊歩道に入ります
cd33b143.jpg

遊歩道をのんびり進みます
6dafb3e5.jpg

cf705d62.jpg

途中に鯉がいました
3d32c69f.jpg

草の道も進みます
ab0f23dd.jpg

途中、川幅が1m程度になってますけど
aab42e67.jpg

こんな道も
1b1c31c1.jpg

こんな道だって
3f26528f.jpg

進んじゃいます
8944910f.jpg

どうにかこうにか「里山をめぐる」コースの起点付近の万年橋に到着。遊歩道はスピードを出すことが出来ないので、意外に時間がかかりました。
ここからは最初のポイントである高倉寺へ。この高倉寺は昨年の春に「入間市景観50選ポタ」で行った場所です。相変わらず優雅に跳ね上がる長刀反が綺麗ですねぇ。

続いて小学校の裏へ廻って斜面に広がる茶畑。思ったより狭いのですが茶畑が綺麗に並んでいます。春先は茶畑の緑が綺麗なんでしょうね。

さらに加冶丘陵の山道を進んで八津池公園に。ここも「入間市景観50選ポタ2」で行きました。江戸時代から昭和30年代までは水田の溜め池だったそうです。住宅街を通り抜けて林道を進むと階段が。。。RX3を担いで階段を下りて仏子(ぶし)駅へ向かいます。

万年橋に到着
339b6d57.jpg

途中の道でみかんを発見
38ad4707.jpg

高倉寺の門
0863fded.jpg

高倉寺
a5992ab9.jpg

3486f126.jpg

国指定の重要文化財 高倉寺観音堂
d0782818.jpg

斜面に広がる茶畑
6ba03280.jpg

加冶丘陵の山道を進みます
5e959d13.jpg

八津池公園
452ac94c.jpg

階段を下ります
aa4b0ed6.jpg

ここまでが「里山をめぐる」コースです。
ちょうどお腹も空いてきたので、RX3を担いで出てきた場所にあった「やまなか」でお昼にします。注文したのはオムライス。
卵はふわとろで、デミ・ブラウンソースかな。すごく美味い!オムライス大好きなんですよ。って周りを見ると、ほとんどオムライス食べてますので人気メニューなのかな。サラダとデザートのセットに飲み物を付けて900円。安くて美味くて大満足です。

やまなか
f8f78225.jpg

オムライス( ゚Д゚)ウマー
3b3d003e.jpg

d9859c3c.jpg

ここからは「湧水をめぐる」コースにスイッチです。
とりあえず仏子駅を抜けて中橋で入間川を渡って上橋の大ケヤキへ。湧水ではないのですがコース上に紹介されていたので寄ってみます。特に樹齢とか記載されていないのですが巨木であることは間違いありませんね。

そして近くにある円照寺。国指定重要文化財の板碑(いたび)が有名だそうですが、六基の板碑は収蔵庫の中で見ることはできません。境内にある弁天池の水源が湧水で、池の端っこに湧水があるのですが、特に看板もないのでよく探さないと分かりませんねぇ。

続いて滝不動の湧水へ。コース上のルート外なのですがコースマップに書かれていたので行ってみることに。
湧水の水源は確認できるのですが、水量が少ないせいなのか突き出ている筧(かけひ)から水は流れ落ちていませんでした。

次は野田の湧水なんですが、これがまた、けったいな場所にあって住宅街の土台下から湧いています。。。絶対に気がつかないでしょコレは。しかも見てくれも湧水とは到底思えませんしねぇ。
ちなみにバケツの右に錆びた鉄パイプが見えるのですが、ここから湧水がでています。左の土台下からも湧いているようです。

入間川
21aacb03.jpg

上橋の大ケヤキ
60a3f190.jpg

0b7d660f.jpg

円照寺
908371f6.jpg

弁天池
702a9c7a.jpg

弁天池の水源になっている湧水
396d91e3.jpg

滝不動の湧水
57b1aa08.jpg

筧から水は流れ落ちていません
9fbb98c1.jpg

下には漏れ出した湧水
fd3281b1.jpg

野田の湧水
740d6b93.jpg

土台下からも湧いています
26ba6378.jpg

途中、白髭神社に寄ってから谷田の泉に向かいます。
細い草の道を進むと鬱蒼とした湿地帯があって、その先に谷田の泉と呼ばれるハケの湧水があります。ハケ(またはママ)とは河岸段丘とそこから湧き出す水のことで、かつてはハケ下の水田に水を引いていたそうです。

空を見上げると青空が見えるのですが、横の雲から雨粒が。しかも湿地帯なので道が少しぬかるんでいてタイヤはドロだらけ。先週洗車したばかりなのに。。。
ここから出る道も迷ってしまい、日も陰ってきたので、残り2カ所の湧水を諦めて今回はここで終了。
どうにか16号に出て「茶どころ通り」で戻ったのですが、途中風が強くて砂埃の中を帰還しました。

白髭神社
68aeb324.jpg

谷田の泉へ
c939dc7e.jpg

鬱蒼とした湿地帯 枯れ葉で覆われていますが湿地帯です
92d200d8.jpg

谷田の泉 奥から湧いているようです
77ee4756.jpg

f9109882.jpg

見上げると青空
7be16130.jpg

茶どころ通りは砂埃です
6f4b4cb0.jpg

今回は湧水を見に行ったのですが、やっぱり夏とかじゃないと湧水の気分じゃありませんねぇ。しかも、全て飲めるようになっている訳でもありませんから、さらに気分が盛り上がりませんでした。

本日の走行距離は40km。

本日のコース

より大きな地図で 霞川を下って入間市の里山と湧水をめぐるポタ を表示

GRAVIS RECON MID 2013FW DARK NAVY

またしてもGRAVIS(グラビス)のシューズを買いました。
昨年から2013年秋冬モデルのRECON MID/DARK NAVYを狙っていたのですが、ネットで半額セールを見つけたので思わず購入。。。

アッパーはDARK NAVYのスウェードとキャンバスにホワイトのステッチで、REDのトップライン(履き口)の組み合わせが超(・∀・)カコイイ!!
シュータンとトップラインに厚めのパッドが入ったスケシューライクなMIDカットで、ホールド感が良いですねぇ。 しかし、DARK NAVYとREDの組み合わせに反応し過ぎだなオレ。。。

GRAVIS RECON MID 2013FW DARK NAVY
f01975bb.jpg

34ebc52b.jpg

厚めのシュータン
da7f9b20.jpg

厚めなREDカラーのトップラインが(・∀・)カコイイ!!
2a2420ad.jpg

Phenix Prim Pants

冬のライド用パンツは、Columbia(コロンビア)のHavens Convertible Pantを持っているのですが、週末のライドとはいえ1枚では心もとないので、今冬はもう1枚購入することにしました。

ライド用のパンツは、ストレッチ素材で地図を入れるためにカーゴタイプと決めているのですが、Columbiaのバイシクルコレクションでは新しい冬用のパンツは発売されていませんね。他のアウトドアメーカーでもカーゴパンツは意外に少なかったりするのですが、どうにか探し当てたのはPhenix(フェニックス)のPrim Pants(プリムパンツ)。
Columbiaと比べて良い点は、股下の長さが日本人サイズなのが良いですね。←昭和体型のため

生地はポリエステル100%の東レFITTY 2-wayストレッチヘリンボーン。中厚手で裏地はありません。速乾性のタグは付いていないのですが、素材はオペロンテックス社のT-400なので吸収速乾性素材のようです。
膝の部分は立体裁断なのですが、少し変っているのは股の部分も立体裁断になっていて、この部分は前後へのストレッチ方向になっているのが面白いですね。
また、裾の前部分にだけ裏生地が張ってあるのですが、靴擦れの耐久性を上げるためなのでしょうか?もちろん裾ドローコード収納式です。

穿いた感じは、同じストレッチのヘンリボーンのためなのかHavens Convertible Pantと似ているのですが、こちらの方は脱いだ時に静電気が発生するのが気になりますね。
色はOB(オフブラック)を購入したのですが、どこから見ても濃いモスグリーンにしか見えない色です。

Phenix Prim Pants OB
c869c7c9.jpg

エスニック柄ジャガードベルト
ce355f3f.jpg

膝の部分は立体裁断
4983a36a.jpg

股の部分も立体裁断で前後ストレッチ方向に
3073353f.jpg

裾ドローコード収納式
f479df61.jpg

久しぶりにRX3の洗車とオイル注油

久しぶりにRX3の洗車をしました。
いつも冬にRX3を洗車しているような気がするのですが、正月に多摩サイを走ったら、一部の区間でドロ跳ねが激しくて仕方なく洗車となりました。
オイル注油は1年間ほったらかしの横着者でしたが、今回は半年振りのオイル注油です。

昼前に洗車をしてチェーンとギアもゴシゴシ、お昼を食べている間に乾かして、食後にオイル注油のフルコース。やる時はキッチリやりますんで、細かい部分も拭いたりしていると、結構時間がかかるんですよねぇ。
しかも冬空の下。何を好んで冬に洗車しているんでしょうか。。。
やっぱりドロ跳ねしなかったら、1年間ほったらかしだったのではないかと。←洗車も。

ドロだらけのRX3
262c39f1.jpg

洗車してピッカピカになりました
06d0fffd.jpg

ピカピカのDEORE(・∀・)カコイイ!!
c4d8a6cc.jpg

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント