ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2015年01月

マックステージ(Mac Pro STAGE ST-45)

Mac mini Late 2012は光学ドライブが廃止されているので、光学ドライブを置くために、以前に使っていたEarly 2009用のフィルタースタンドの上にムリヤリLate 2012を載せていました。しかし、このフィルタースタンドの支柱間が狭くて、光学ドライブを奥まで入れることができないのが不満なのです。

光学ドライブを収納できる、ユニボディのMac min専用スタンドはどこからも発売されていないのですが、BIRD(バード)電子から、外付け光学ドライブを収納できるMac Pro Late 2013用の円盤型スタンドが発売されていることを知りました。
サイズを調べてみると80φ。Mac mini Late 2012のサイズは197×197mmなので、これはMac mini Late 2012でもジャストフィットじゃないの?ってことで購入してみました。

このマックステージ(Mac Pro STAGE ST-45)のサイズは80φで高さは41.2mm。重量は570g。内部の収納サイズはW150×D150×H28mmなので、今使っている光学ドライブもスッキリ奥まで収納できます。
本体は頑丈な1.6mm厚の鉄板で、4カ所の円柱スペーサーで上下が固定されていています。もともと5kgあるMac Pro Late 2013用として造られているので、かなりしっかりとした造りですね。塗装もブラックカラーのレザートーン焼付塗装で(・∀・)カコイイ!!
本体底面にはセルスポンジが貼付されているので、机を傷付けない配慮もスバラシイ。少々高いのですが、造りと塗装の良さを考えると満足感の高い商品ですね。しかし、Mac miniを上に置くとほとんど見えなくなってしまうのが残念なのですが。。。

光学ドライブを収納する以外にMac miniにスタンドを使用する効果として、Mac miniは底面から吸気して背面から排気しているので、机から離して高い位置にすることで、机上の埃が内部に吸い込みにくくなることも大きなメリットです。
Mac miniの底面はプラスチックの蓋なので、マックステージの天板に薄いセルスポンジを貼れば、Mac miniが滑らなくて、しっかりと置くことができます。

マックステージ(Mac Pro STAGE ST-45)
e9dfd37a.jpg

75e37f5a.jpg

本体底面にはセルスポンジ
b60cc87d.jpg

サイズもMac mini Late 2012にピッタリ
a4340bbc.jpg

光学ドライブをスッキリ奥まで収納できます
cf1edbb6.jpg

Mac Mini Late 2012を配置
04934b3b.jpg

桂の里 LUCCICAREまでランチポタ

今日は三井アウトレットパーク入間へ買い物次いでにランチポタに行ってきました。
いつも入間市のお茶畑の中を走って行くのですが、途中に良いお店はないかと探してみると、意外や意外、JR八高線の金子駅付近に良さげなイタリアンのお店を発見。行ってみることにしました。

お店は桂の里 LUCCICARE(ルッチカーレ)。畑の中にドカーンと現れる大きなログハウスのお店です。入口が通り沿いではないので、前の通りを走ってもお店とは気がつきにくいですねぇ。ヘぇ、こんな場所にイタリアンのお店があったなんて知りませんでしたよ。

中に入ると2階分はある天井の高い吹き抜けで、光をうまく取り込んでいるので明るくて雰囲気の良いお店です。入口正面には薪ストーブとピアノが置かれていて、ちょうど12時ごろからピアノの生演奏があったりして、結構凝っていますね。
注文したのはAランチセットの鶏とごぼうの和風オムライス。。。散々イアタリンだと言っておいて、和風オムライスを頼むオッサンを許してください。蕎麦屋でうどんを頼むような不届きものですから。

Aランチセットはサラダとデザートが付いて、メインはパスタとピザがそれぞれ8種類程度から選ぶことができます。その他には焼きカレーと和風オムレツでした。
で、鶏とごぼうの和風オムレツのお味はといいますと、卵はふわとろで美味い!鶏とごぼうのライスもサッパリとした味付けで、少し塩味を利かせた卵と相性バツグン。あまりにも美味しいのであっという間にたいらげてしまいました。

オープンテラスでも食事ができるようなので、暖かくなったらちゃんとイタリアンを食べに行きますね。

桂の里 LUCCICARE
P1250041

明るくて雰囲気の良い店内
P1250043

鶏とごぼうの和風オムライス
P1250046

デザートのフルーツケーキ
P1250051

本日の訪問先

bern ALLSTONを購入

自転車用のヘルメットはbern(バーン)のBRENTWOOD(ブレントウッド)がお気に入りで使っているのですが、久しぶりにbernのオフィシャルサイトを覗いてみると、去年の春に新作のバイクヘルメットが発売されているじゃありませんか!

新作のヘルメットは ALLSTON(オールストン)。bern発祥の地であるBOSTONの地域名だそうです。
このALLSTONはBRENTWOODの弱点であったベンチレーションを強化したタイプで、ベンチレーションの開口部が大きくなって、よりスタイリシュなデザインに仕上がっています。素材も同じZIP MOLDで、後頭部を包み込む丸みのあるデザインやインナーバイザーなどの基本仕様は同じなので、BRENTWOODの進化版ってところでしょうか。

ボディカラーは6色展開。購入したのはSATIN WHITE。半ツヤ消し(だと思う)のホワイトなのですが、唯一バイザーの色がレッドでbernのレッドロゴとともに、まるでスペシャルモデルのような仕上がりでチョー(・∀・)カコイイ!!
ベンチレーションは前2カ所、上部8カ所、左右1カ所ずつ、背面4カ所の合計16カ所。BRENTWOODの11カ所よりも数が増えて開口部も大きいので、かなり通気性が改善されています。

オフィシャルサイトを見るとMENSヘルメットの中では368gで最も軽量とされていますが、XXL-XXXLモデルの実測値は420g。私の持っているBRENTWOOD(XXL)も実測値は420gなので変りませんね。
細かい改良点としては後頭部にあるインナー調整機能がダイアル式になったので、かぶってから調整できるようになりました。また、バイザーも大きくなって、フリップバイザーと称して上に跳ね上げることができるようになっています。

サイズはXXL(60.5-62cm)とXXXL(62-63.5cm)がワンサイズに統合されたXXL-XXXL(60.5-63.5cm)サイズを購入したのですが、私の持っているBRENTWOODのXXLよりも横幅が3-4mmほど狭くなっています。中のインナーもBRENTWOODよりも厚みがあり、かぶってみるとBRENTWOODだと少し余裕があったのですが、ALLSTONはピッタリです。
残念なのは、あごヒモが短くなっていて最大長にしてギリギリですね。なんでこんなに短くしちゃったんでしょうか。頭のデカイ貴兄は要注意です。

この冬空にかぶって走ってみましたが、大きくなったベンチレーションの効果は絶大で頭が冷えますね(笑)。真冬は中にmont-bellのサイクルキャップをかぶるか、BRENTWOODと使い分けをしたほうが良いかも。

もう1つの新作で、同じボディを使ったハードバイザータイプのMORRISON(モリソン)もカッコいいんですが、どちらかと言うとマウンテンバイクとBMXに似合うタイプですね。個人的にはインナーバイザータイプのALLSTONのほうが好みです。

そして今回も懲りずにステッカーチューン。
レッドカラーのスペシャルモデルなので、先日購入した世界エイズデーオリジナルのApple(RED)ロゴのステッカーを背面に貼りました。シンプルですが同じレッドカラーのワンポイントが(・∀・)カコイイ!!

bern ALLSTON/SATIN WHITE
P1100042

P1100067

P1100045

P1100047

P1100048

P1100051

P1100062

インナーバイザーとインナーパッド
P1100054

インナー調整機能はダイアル式
P1100056

なぜか短くなったあごヒモ
P1100061

レッドカラーのロゴとバイザーがスペシャルモデルのようです
P1100069

背面にApple(RED)ロゴステッカーでチューン(・∀・)カコイイ!!
P1100102

Apple(RED)ロゴステッカー

ひょんなことからネットで見つけたAppleの赤いロゴステッカー。
調べてみると12月1日は世界エイズデーで、Appleは12月1日にApple Storeで購入された売上げの一部を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付するキャンペーンを開催していました。
当日、Apple Reteil StoreとApple Online Storeで買い物をすると、赤いApple(RED)ロゴステッカーが配布されていたそうで、このApple Online Storeで配布された非売品のステッカーがamazonで販売されていたので購入してみました。

白いAppleロゴステッカーはいくつか持っているのですが、赤いロゴステッカーは珍しいですよねぇ。
で、何で購入したかといいますと、とあるブツに貼るためなんですが、その話しは後日に。。。

Apple(RED)ロゴステッカー
P1100020

P1100021

石臼挽き手打ちそば「ひらの」まで鍋焼きうどんポタ

今日も天気が良いので、あきる野市にある石臼挽き手打ちそば「ひらの」まで、鍋焼きうどんポタに行ってきました。
結構人気店のようなので11時半過ぎに入ったのですが、早めに行って正解。12時には満席になって、外には入店を待つお客さんが並びはじめていますよ。

看板を見る限り、ここのお店は蕎麦屋ですが、メニューには蕎麦とうどんが同列に扱われているので、心置きなくうどんを注文することができます。このお店の大きなかき揚げにも興味があるのですが、事前に調べた情報では冬期限定の鍋焼きうどんがあるので、今回は鍋焼きうどんを注文します。

少し時間がかかりますけど、よろしいですか。と念押しされて、しばし待つこと15分。鉄鍋に入った鍋焼きうどんが運ばれてきました。
うどんは平打ちで煮込まれていますがしっかりとしていて美味いですね。つゆは醤油味で甘さ控えめな飽きない味付け。染込んだうどんとの相性もバッチリです。
具材は人参、ほうれん草、大根、椎茸、かまぼこ、焼き目の付いたネギ。これに海老としめじ(たぶん)の天ぷらが入っています。きのこ好きの私にとっては、しめじの天ぷらが入っていたのが高ポイントですねぇ。

具材はいたって普通なのですが、味付けも含めた全体のバランスが良く、人参がすごく美味しかったのが印象的です。うどんの量も十分で、取り皿に入れる刻みネギと刻み柚が出されたのですが、柚って醤油味にも合いますね。

今日も寒空の下を走って、アツアツの鍋焼きうどんをいただきました。帰りは曙橋から多摩サイに入って帰還です。

石臼挽き手打ちそば「ひらの」
P1180104

鍋焼きうどん
P1180108

帰りは多摩サイを走ります
P1180111

本日の走行距離は20km。

本日の訪問先

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント