ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2015年06月

秩父 龍勢会館と合角ダムを巡るポタ

今日は梅雨の合間の晴天。この時期貴重な晴天なので前回に引き続き秩父まで遠征に行ってきました。
秩父は大好きな場所であちこちを走っているのですが、今回は未だ走っていない道を走ってみようという企画で、秋の龍勢祭りの会場付近へ向かってから西側の合角ダムを巡る周遊コースです。

スタート地点は前回と同じ「道の駅あらかわ」。
今日は梅雨の合間なのですが湿気が少なくて、カラッとした晴天でまさにポタ日和。暑くもなく風が気持ちいいですねぇ。
最初は国道140号から県道43号の皆野荒川線に入って道の駅龍勢会館へ向かいます。県道43号の入り口は意外に道が狭くて最初は林道。柴原温泉まで登れば、あとは下りなのですが、ここからの景色が(・∀・)イイ!!

道幅は広くて車はほとんど走っておらず、山は近いのですが広々とした山里の景色にため息が出ちゃいます。空を見上げればポッカリと雲が浮かんでいて、青空と濃い山の緑とのコントラストが綺麗。特に何もないのですが、のどかな景色の中をのんびりと走るのは贅沢ですねぇ。田舎道好きにはたまらない至福の時です。
しかもこの景色が変らずに延々と続いていて、顔が緩みっぱなしで道の駅龍勢会館に到着です。

道の駅あらかわ
P6280009

県道43号の皆野荒川線
P6280015

柴原温泉付近
P6280017

のどかな山里の景色が延々と続きます
P6280020

P6280021

P6280024

P6280026

P6280028

P6280030

P6280032

P6280035

空には白い雲がぽっかりと
P6280036

青空と山の緑のコントラストが綺麗
P6280040

赤平川を渡ります
P6280042

道の駅龍勢会館に到着
P6280045

少し早いのですが、道の駅龍勢会館に併設している龍勢茶屋でお昼にします。
注文したのは秩父の名物「みそ豚丼定食」。味噌付けの豚肉が柔らかくて美味い!それほど味噌味が強い訳ではなく、もうちょっと豚肉が欲しいところですが、少し物足りないぐらいが丁度いいのかも。

ここから龍勢祭りの会場前を通って合角(かっかく)ダムへ向かうのですが、ここからの山裾の道は緩やかな登りで、これまた景色がいいですねぇ。
この時期の龍勢祭りの会場は人気のない静かな里山の風景で、ひっそりと打ち上げ台が佇んでいます。今年の秋には活気に溢れた龍勢祭りに再び行きたいものです。

合角ダムへは結構な登りになるのかと思ったのですが、意外に緩い登りで到着。
合角ダムは観光チックな場所ではないのですが、西秩父桃湖を回り込む道が独特のコース取りになっていて、単なる周回コースと違って次々と変る景色を楽しむことができます。この雰囲気大好きです。

みそ豚丼定食
P6280047

龍勢祭りの会場へ向かいます
P6280051

龍勢祭りの会場前
P6280052

山裾の道の景色も最高です
P6280055

P6280057

P6280058

合角ダム(西秩父桃湖)
P6280059

合角ダムからの景色
P6280060

西秩父桃湖を回り込む道が独特のコース
P6280061

P6280064

P6280065

P6280067

P6280069

P6280070

最後は小鹿野まで下って、県道37号で道の駅あらかわに戻るのですが、なんとこの道も景色がいいんですよ。今までよりも見晴らしのよい景色が広がっているのが特徴でしょうか。
そして国道140号に合流して、道の駅あらかわに無事到着です。

P6280073

P6280074

P6280075

P6280080

P6280082

P6280087

国道140号
P6280089

道の駅あらかわに到着
P6280090

またしてもブルベリーソフト
P6280092

今回は梅雨の合間の晴天だったのですが、コース全域の景色が素晴らしくて大満足のポタとなりました。景色の素晴らしさは、お気に入り絶景コースの八ヶ岳高原サイクリングコースよりも好きかも。
埼玉県でこんな景色が延々と見れるなんで秩父恐るべし。田舎道好きにはこのコースはマジお勧めです。

本日の走行距離は48km。

本日のコース

リアホイールハブからキシキシ音

今年の春ぐらいから、RX3のクランクかホイール付近から聞こえるキシキシ音が気になっていました。
ペダルを漕いでもフリー状態でもキシキシ。。。原因を調べようと思いつつ、RX3の10速化に伴い、システムコンポを全て入れ替えてしまえば音は消えるだろうと思ったのですが、残念ながらキシキシ音は消えませんでした。

ならばパーツ交換をしていないホイールが疑われるので調べてみることに。
自転車を持ち上げて前輪を回してみても音はしませんが、後輪を回すとキシキシ。逆回転でもキシキシ聞こえるので、どうやら音の原因はリアホイールのハブのようです。
RX3を購入してから総走行距離は6,000kmを越え、ホイールハブはノーメンテナンスですからガタが出てきてもおかしくはありませんよねぇ。

うーむ。普通ならばホイールハブをバラしてグリスアップってことなんでしょうが、それならば一層のことホイール交換じゃねーの。っという悪魔の囁きが。。。
ここまで改造を進めてしまえばホイール交換は自然な成り行きなので、どうしたものかと気持ちが揺れている今日この頃です。。。

キシキシ音の原因と疑われるリアホイールのハブ
P6200048

トゥルータッチワイパー ボディー用を試す

面倒くさがりやの性格のため、こまめに自転車を掃除したりしないのですが、濡れた路面を走るとドロはねが付いたり、車に積んで移動しているので細かい埃汚れや虫が激突したりして結構ボディは汚れるものです。
また、ブレーキシステムをT780に交換してブレーキアーチのカラーをブラックからシルバーに変えたのですが、意外にシルバーって汚れが目立つんですよねぇ。
なので、水洗いするほどではないチョットした掃除用に、自転車用の掃除用クロスを使ってみました。

購入したのはSOYO-TYRE(ソーヨータイヤ)のトゥルータッチワイパー ボディー用。洗浄液と光沢シリコンが含まれた極細異形断面繊維のマイクロファイバー(不織布)で、シートのサイズは200×285mm。
使い勝手は悪くはないのですが、一拭きで汚れがスパッと落ちる感じじゃありませんねぇ。結構ゴシゴシする必要があります。シートなので細かい隙間も拭けて便利なのですが、あまりゴシゴシし過ぎると繊維が毛羽だって、糸ゴミが付くのでほどほどに。

最初はあまり汚れ落ちが良くないなぁっと思って使い始めたのですが、結局一通り拭いてみればシートは真っ黒。これ1枚で1台をしっかり拭くことができました。
WAX効果については、それほど光沢感は出ませんが、チョットした掃除用としては十分じゃないかと思います。

SOYO-TYRE トゥルータッチワイパー ボディー用
P6200017

シートサイズは200×285mm
P6200018

before
P6200013

after
P6200033

before
P6200015

after
P6200050

酒のつまみにカルビーじゃがりこ ねぎ塩だれ

カルビーのじゃがりこは毎年限定商品が発売されていて、たまに変わり種を買うのですが、今回は「じゃがりこ ねぎ塩だれ」を購入してみました。

自分の頭の中で「ねぎ塩だれ」で想像するのは「ねぎタン塩」。細かく刻んだネギをタン塩の片面で焼いて、レモン汁で食べると超美味いんですよねぇ。
そういえば最近焼き肉屋に行ってないなぁ。などと思いながら商品を購入していました。。。
しっかりとねぎの香りとゴマ油の風味が利いていて、酒のつまみに合いますね。

カルビーじゃがりこ ねぎ塩だれ
P6070049

P6070056

秩父往還道を走って栃本集落まで

関東地方も梅雨入りしたのですが、週末は貴重な晴れ間が望めるようなので奥秩父まで遠征に行ってきました。
今回は昨年に三峰山ヒルクライムの後に行けなかった栃本集落へ向かいます。

スタート地点は「道の駅あらかわ」。
秩父鉄道沿いを走って国道140号の緩やかな登りを上がって行きます。以前にも奥秩父もみじ湖まで走っているのですが、ダイナミックな渓谷の景色が好きなんですよね。

荒川の渓谷を眺めながら進み「道の駅大滝温泉」で一休みしてから、国道140号の旧道に入ります。
秩父往還は甲府(甲州)と秩父(武州秩父)を結ぶ街道で、日本の道100選のひとつに選ばれています。現在の国道140号のことなのですが、この辺りの国道140号はいくつにも枝分かれしていて、地図をみると旧道が秩父往還の表示となっているようです。

道の駅あらかわ
P6130003

秩父鉄道
P6130005

秩父鉄道沿いを走ります
P6130006

国道140号を登って行きます
P6130011

P6130012

国道140号の旧道も高台を走る景色の良い道でいいですねぇ。車もさほど走っていないので走り易い道です。
しばらく進むと目の前に二瀬ダム。奥は秩父湖が広がっています。ここからさらに国道140号は分岐していて旧道(上道)を進むのですが、ここから登りが一段キツくなります。道幅は5mぐらいでしょうか。
非常に静かな道で、昔の人がこの道を歩いていた雰囲気が今でも感じることができますねぇ。

そして目の前が開けると栃本集落に到着。
山の急斜面に形成された集落で、天空の村とも呼ばれています。天気は曇りなのでスッキリ感がないのですが美しい景観です。想像していたよりもこじんまりとしていますが、付近には古い街並が残っていて風情があります。

近くには栃本関跡。戦国時代に武田信玄が設置した関所とされる国指定の史跡です。現在の主屋は幕末に建てられ改築されたものなのですが、当時の関所の面影をとどめているそうです。残念ながら敷地内には入ることはできませんでした。

国道140号(旧道)
P6130015

二瀬ダム
P6130016

秩父湖
P6130019

秩父湖からさらに旧道(上道)に入ります
P6130020

P6130021

栃本集落
P6130028

栃本関跡
P6130024

付近には古い街並が残っています
P6130029

ここまで延々と登ってきましたが、ここからは下り一本勝負。
少し下ると新旧3つの国道140号が合流していて、大峰トンネルの脇から旧道(下道)に入ります。ここからは荒川沿いを走る林道で気持いいですねぇ。
途中で旧道(上道)が見えるのですが、上道と下道は結構高低差があります。

お昼は「道の駅大滝温泉」に併設している「郷路館」。
注文したのは、ざるそばのミニなめこ丼セット。そばは手打ちで細くてコシがしっかりとしていて、セットのなめこ丼が美味い!
さらに下りなので、あっという間に「道の駅あらかわ」に無事帰還。丸ごとブルーベーリーの入ったソフトクリームでまったりです。

旧道(下道)を進みます
P6130032

見上げると旧道(上道)
P6130033

荒川
P6130035

秩父湖まで戻ってきました
P6130038

国道140号を戻ります
P6130039

道の駅大滝温泉
P6130013

郷路館でざるそばのミニなめこ丼セット
P6130044

白川橋
P6130048

白川橋からの景色
P6130047

道の駅あらかわに無事帰還
P6130052

ブルーベリーソフト
P6130054

今回は梅雨の晴れ間を狙って遠征したのですが、晴れ間は午前中まででした。栃本集落の景色は良かったのですが、天気が今ひとつで2/3が往復コースだったので少し物足りなかったかな。

本日の走行距離は49km。

本日のコース

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント