ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2015年09月

intro STINGER 2を新規購入

お気に入りのサイクリンググローブintro STINGER 2(イントロ スティンガー2)がボロボロになってきたので、新しく購入しました。
本来ならば既に紹介しているので新たに紹介する必要はないのですが、よく見ると細かい仕様変更がされているのでレヴューしておきます。

基本的な仕様は同じなのですが、大きな違いは手の平側のスリップ ストップ ラバー素材。以前はしっとりとした素材で、シボ加工がされていて本革のような風合いだったのですが、今回のは人工的なスリップ加工に変更されていて、しっとり感のないラバー素材になってしまいました。スリップ性能や耐久性の違いは分かりませんが、個人的には前の素材のほうが高級感があって好きですね。

甲側のソフト フェイク スエードには変更はないようですが、ストレッチ メッシュは素材変更がされています。左右の面はメッシュ起伏の少ない滑らかな素材に変更されていて、少し伸縮性が低くなっていますね。逆にカラー部分は以前よりもメッシュホールが大きく薄い素材に変更され、伸縮性も高くなっています。

また、よく見ると若干サイズ変更がされていて、手首付近が5mmほど長くなっています。
このサイズ変更は大歓迎です。以前のものはベルトの噛み合わせが少し不自然で、ベルトの付け根部分がしっかりと閉じられず、丸く空いた部分が日焼けしちゃうんですよね。
サイズは以前と同じLサイズにしたのですが、ベルトの位置が手首の骨の部分まで下がったので、手首のサイズで合わせるとXLサイズのほうが良かったかもしれません。←通販で買ったのでXLサイズを試着していません。。。

他に細かい部分だとintroロゴのカラーが若干濃いグレーに変更されているようです。
今回購入したカラーは、Orengeのカラーは色味が抜けてきたので、汚れが目立ちそうですがPure Whiteにしました。

intro STINGER 2 Pure White
P6060011

スリップ ストップ ラバー素材は人工的なスリップ加工に変更
P6060018

ストレッチメッシュ素材も変更
P6060021

introロゴのカラーも若干濃いグレーに変更
P6060013

小熊山再び

昨日は高気圧に覆われ全国的に晴天になることをGPVで察知していたので、渋滞覚悟で遠征に行ってきました。
久々の晴天。ならば向かうのは長野県の小熊山。パラグライダー場からの木崎湖を再び見に行くことにしました。

スタート地点は小熊山までのアプローチを考えて大町市運動公園。
シルバーウィークの晴天とあれば渋滞するのは必須。朝5時に起きて出発したので渋滞知らずで9時には現地到着です。

おさらいすると小熊山へのアプローチコースは3つ。
前回登った木崎湖の南側から登るコースと、距離は短いのですが中綱湖からの激坂コース。そして今回選んだ比較的登り易いとされる、最も距離の長い小熊山の西側から鹿島槍スポーツヴィレッジに登って南下するコース。
前回は鹿島槍スポーツヴィレッジから大町温泉郷に下る景色が良かったので、今回のコースは前回の逆走パターンで景色を楽しみながら小熊山を目指します。

とりあえず大町市運動公園から鹿島槍スポーツヴィレッジへ向かうのですが、最初から田んぼ道のお出迎え。一直線に続く道の両脇が田んぼで正面には北アルプスの絶景。スタートから最高の景色ですな。
高瀬川の蓮華大橋を渡って、県道326号から大町温泉郷へ向かう道も里山の雰囲気がたっぷりで大好きです。

そして大町温泉郷を抜けると田園風景。
前回は8月初旬だったので稲穂は青々しかったのですが黄金色の稲穂が綺麗です。右手には目的の小熊山が見えて道の真ん中にポツンと大きな杉の木があるのですが、この景色にシビレちゃいますねぇ。。。
さらに進んで爺ガ岳スキー場を越えると蕎麦畑が広がっているのですが、少し高台から眺める景色がいいですね。ちなみにこの道はほとんど車が走っていないので、のんびりと走ることができます。

大町市運動公園
P9220002

一直線に続く田んぼ道
P9220005

蓮花橋からの景色
P9220007

大町温泉郷へ向かう道
P9220009

P9220011

大町温泉郷を抜けると田園風景
P9220013

P9220014

P9220018

さらに進むと
P9220021

蕎麦畑
P9220022

林道を抜けて県道325号から鹿島槍スポーツヴィレッジへ入るのですが、ここまでの登りの傾斜は3%程度なので結構楽でした。ここから本格的な登りになって5%越えになるのですが鹿島槍スポーツヴィレッジまでは3km程度なので大したことはありませんね。
登っていると前ばかり見がちですが、駐車場から振り返ると北アルプスが綺麗に見えるので振り返るのをお忘れなく。ホント良い景色ですから。

鹿島槍スポーツヴィレッジの先から小熊黒沢林道へ入ります。
最初は少し登ってからアップダウンを繰り返すと、視界が開けてパラグライダー場に到着。いやーっ天気は最高で、木崎湖を一望する絶景に大満足。ホント来て良かったぁ。
今回も天気が良いので、のんびりとパラグライダーのフライトを見学です。ここで過ごす時間は普通のポタとは一線を画していて大好きですね。

県道325号から鹿島槍スポーツヴィレッジへ入ります
P9220026

鹿島川を越えます
P9220027

斜度は5%越えにアップします
P9220029

駐車場から振り返ると北アプルスの絶景
P9220030

鹿島槍スポーツヴィレッジ
P9220032

小熊黒沢林道へ入ります
P9220038

P9220043

小熊山パラグライダー場から木崎湖の絶景
P9220069

のんびりとパラグライダーのフライトを見学です
P9220058

P9220061

P9220066

あとは小熊黒沢林道を下るのですが、やはりこちらの道は豪快な下りで斜度がまったく違います。なんで前回はキツイこっちの道を選んだんでしょうかねぇ。自分でも不思議です。
道は薄暗い林道で途中ほとんど景色は拝めません。また小枝と石がかなり散乱しているのでスピードの出し過ぎには注意が必要です。

木崎湖まではあっと言う間に到着。最後は湖畔をぐるっと回って戻るだけ。
湖畔をのんびりと走ると先ほどのパラグライダーの着地ポイントがあります。反対岸に渡ってからお昼をどうしようか考えたのですが、以前に立ち寄ったKuni’s カントリーキッチンまで行くことに。
県道45号から脇道に入ってKuni’s カントリーキッチンに到着。しかしお店には準備中の看板が。。。なんとランチは14時までだったのです。Σ(゚Д゚)ガーン
なのでお昼を食べることなくトボトボと大町市運動公園に戻ったのですが、ショックのせいか道を通り過ぎてしまいました。。。

小熊黒沢林道を下ります
P9220071

途中でチラッと見える景色
P9220072

P9220074

木崎湖
P9220077

湖畔の道
P9220079

パラグライダーの着地ポイント
P9220080

のんびりと湖畔を周回します
P9220081

反対岸に渡ります
P9220082

中央の平地がパラグライダー場
P9220089

県道45号
P9220097

途中から脇道を走ります
P9220100

大町総合公園前の道を戻ります
P9220103

大町総合公園前に無事帰還
P9220106

今回は3年振りに小熊山に登って木崎湖を一望する景色を眺めてきました。
以前に登ったキツイ坂のイメージがあって躊躇していたのですが、小熊山の西側からのアプローチコースはかなり楽に登ることができます。これならば毎年登ってもいいですね。
木崎湖の景色に圧倒されるコースなのでお勧めです。

ちなみに帰りの中央高速は予想通りの大渋滞。朝は早よから230kmを車で走ってから50kmのライド。帰りは大渋滞にはまって6時間もかかってしまいました。結構遠征ポタも疲れるものなのです。

本日の走行距離は50km。

本日のコース

小布施ヘタレポタ

昨日はシルバーウィークは高速道路が大混雑するので遠征するか悩んだのですが、ここ1カ月の天気の悪さもあって天気が良さそうなので遠征に行ってきました。
ちょうど週末に「出没!アド街ック天国」を見ていたら信州の小布施が紹介されていて、せっかくなので未だ走っていない場所である小布施に行ってみることに。

スタート地点は道の駅オアシスおぶせに併設されている小布施総合公園。
コースは平地をまわるコースと東の山間にある山田温泉方面で悩んだのですが、街中はテレビの影響で混んでいるのではないかと考えて山田温泉方面に決定。

天気は晴れの予報なのですが曇が多いですねぇ。これから晴れるのか少し不安なスタートです。近くの松川を覗いてみると川沿いにサイクリングロードを発見。しばらくサイクリングロードを走ることに。
途中で反対岸のコースに移ってから北信濃くだもの街道に入ります。このあたりは主にりんご畑とぶどう畑が広がっています。

万座道路に入ると登りの始り。
しばらく走ってみましたが道が普通すぎて、まったく景色が楽しくありません。仕方ないのでチラっと見えた田んぼのある脇道に入っちゃいます。
農道に入ると棚田が広がっていて、こちらの道のほうが景色を楽しめますね。途中には黒部のエドヒガン桜。推定樹齢は500年。幹周は約7mの大きな桜で村指定の天然記念物です。
高台の景色とも合っていて、開花時期はさぞかし綺麗なんでしょうね。

小布施総合公園
P9200001

松川沿いのサイクリングロード
P9200005

P9200006

北信濃くだもの街道
P9200008

P9200010

万座道路 先には重々しい雲
P9200016

P9200013

途中から脇道に入ります
P9200017

P9200020

P9200022

P9200027

黒部エドヒガン桜
P9200033

さらに登って
P9200034

良い景色です
P9200036

農道から万座道路に戻ったのですが、万座道路の景色は今ひとつで、進行方向は曇りだし登りは結構キツイし、どうにも気分が乗りません。。。
予定していたコースはまだまだ先を登るのですが、この先を登り切れる気分じゃないので急遽予定を変更。小布施の市内に下って、お寺と街並を観光しながら蕎麦でも食べちゃうことにしますよ。

途中に松川近くの棚田に寄り道してから、県道66号を下ります。
こちらは果実畑の道で景色が良いですね。最初にこちら側から登っていれば気分は違っていたかもしれませんが仕方ありません。しかも下るにつれて青空が広がってきて気分も晴れてきました。

北信濃くだもの街道の手前から浄光寺に向かいます。
ここから見る景色はいいですねぇ。遠くには田んぼも広がっているので、やっぱり平地をまわるコースのほが正解だったなぁっと思いつつ雁田薬師浄光寺に到着。

雁田薬師浄光寺には室町時代初期1408年に建立された、国の重要文化財に指定されている薬師堂があります。手前の薬師大門を抜けると石段の参道。無造作に置かれたような石を登るのですが雰囲気があって良い参道です。
参道を登った先には薬師堂。古い薬師堂なので小さいのかと思っていたのですが結構大きいですね。茅葺き屋根の入り母屋造りで軒が深くて立派です。茅葺き屋根は2007年に葺き替えられているので苔むしてなくて綺麗ですねぇ。
せっかくなので御朱印と思ったのですが、本堂を覗いてもそれらしき受付が見当たりません。付近には茶店しかないので諦めたのですが、帰ってきて調べたらこの茶店で受付していたそうです。←少しは調べて出かけなさいよ

松川近くの棚田に寄り道
P9200038

P9200041

県道66号
P9200045

北信濃くだもの街道の手前から雁田薬師浄光寺に向かいます
P9200048

雁田薬師浄光寺 薬師大門
P9200050

石段の参道
P9200053

薬師堂
P9200058

続いて近くの岩松院へ。
ここを選んだのは大好きな葛飾北斎晩年の大作である「八方睨み鳳凰図」を見るためです。北斎は冨嶽三十六景を代表とする浮世絵が有名ですが、晩年の作品は違った雰囲気の作品を手がけています。
21畳敷の天井絵は大きさもさることながら、160年前の作品とは思えない色彩の鮮やかさが凄いですね。ここで御朱印をもらったのですが、中央に書かれた文字は「佛心」。力強いながらも柔らかみもある味のある書です。

あとは小布施の街並でも見て蕎麦でもと思いきや、小布施のメイン通りは大混雑。ちょうどお昼時でもあるのですが、先日の出没!アド街ック天国の効果なのかシルバーウィークだからなのか凄まじい状態です。。。
街並の写真を撮る気も失せてしまい、蕎麦屋どころじゃなくて逃げるようにサッサと帰ることとしました。

岩松院
P9200068

岩松院 御朱印
P9200071

県道66号を逃げるように帰ります
P9200073

小布施総合公園に早々に帰還となりました
P9200074

今回はテレビの影響で何となく選んだコースだったのですが大失敗でした。景色的には平地をぐるりとまわるコースのほうが良いようです。
結局逃げるように帰ったのでお昼も食べていないんですよねぇ。やっぱり自分には田舎道のほうが合っているのと、もっと事前に景色を調べておく必要があることが教訓になりました。

本日の走行距離は30km。

本日のコース

横田基地日米友好祭2015

今年も横田基地日米友好祭に行ってきました。
ここ1カ月ほどは雨や曇りの天気ばかりだったのですが、今日は朝からスッキリとした青空が広がっていて久しぶりに気持ちいい天気です。
2時半ごろに行ったのですが今年の入場ゲートはガラガラ。あっという間に中に入ることができました。

日差しが暑いくらいなので、とりあえず生ビール。
いつものようにビール片手にアメリカンな雰囲気を味わいつつブラブラして、お店を覗いたりアメリンカンなハンバーガーを食べたりしてのんびりと過ごしました。

横田基地日米友好祭2015
P9190009

P9190010

P9190013

P9190015

P9190026

P9190027

P9190031

P9190034

P9190035

P9190036

P9190038

P9190039

P9190042

P9190048

P9190051

P9190052

P9190055

秩父の見知らぬ道と寺坂の棚田を行く

今週は遅い夏休みをとったのですが天気は今ひとつ。長野県の天気が期待できないので、午後からの晴れを期待して秩父へ遠征に行ってきました。
秩父は結構走っているのですが、意外に景色の良い道が多く未だ走っていない道を選んで橋ってみることに。

スタート地点は「道の駅ちちぶ」。
天気は曇りでこれから晴れ間が出るのを期待して出発。とりあえず何度も行っている秩父神社に御朱印をいただきに立ち寄ります。

未だ走っていない道は国道299号と県道43号。両方とも秩父の南西と北東を結ぶ道なのですが、皆野付近で合流しているので、ぐるっとまわって走ることができるのでコースは単純です。
武甲山には雲がかかっていたのですが、秩父ミューズパークの坂を登り切ると晴れ間がでてきて、反対側の国道299号に下ります。

国道299号はそこその交通量がありますが走り易い道です。園福寺付近から田んぼの景色が広がっています。蒔田の交差点付近から国道299号を離れて皆野方面の脇道に入ると田んぼ道。農道を少し走ってから雰囲気の良い川沿いの道を進みます。

道の駅ちちぶ
P9150002

秩父神社
P9150003

秩父神社御朱印
P9150004

武甲山には雲がかかっています
P9150010

秩父ミューズパークの登り坂
P9150011

秩父ミューズパークを抜けると晴れ間が広がってきました
P9150015

国道299号へ向かいます
P9150017

国道299号
P9150018

P9150019

脇道の田んぼ道を走ります
P9150021

P9150022

川沿いの道
P9150024

P9150027

一旦県道44号に入ってから県道43号に入れば折り返し。
入ってすぐに田んぼが広がっているので、ド真ん中の農道を走ります。県道43号は最初は道が広いのですが、途中から狭くなってほとんど車は走っていません。山の集落の生活道路のようです。
奥に進むにつれて山深い川沿いの道となり、雰囲気のある好きな道ですねぇ。視界が開けると小鹿野の街並が広がっていて。国道299号に合流となります。

この先の県道43号は走ったことがある道なので、今回の見知らぬ道を走るポタはここで終了となりますが、せっかくなので寺坂の棚田を見に行くことにします。
国道299号を横断してしばらく走ると、やっと食事のできるお店を発見。
入ったお店は「こむぎっこ」。手造りのうどんとパンのお店のようです。注文したのは肉汁ざる夢うどん。
肉汁はきのこも入っていて、生姜でサッパリとした味つけですが豚肉の旨味が効いています。うどんも太過ぎず肉汁との相性もバッチリで美味しいですねぇ。普通の喫茶店のようなお店なのですが、結構いい味出していますよ。

県道43号横の農道
P9150030

P9150031

P9150033

県道43号
P9150036

P9150039

振り返っても良い景色
P9150040

視界が開けると小鹿野の街並
P9150042

P9150043

こむぎっこ
P9150048

肉汁ざる夢うどん
P9150050

寺坂の棚田へは県道43号から秩父ミューズパークの南口を抜けて向かうのですが、ここの坂道がキツイ。調べてみると秩父ミューズパークって北と南で高さが50mぐらい違うんですね。南口から抜けるのは失敗。素直に中央口からにすればよかった。。。

荒川を越えて羊山公園を抜ければ寺坂の棚田。
ちょうど夕日が差し込む時間のせいか、結構写真を撮られている方が多かったですね。一部では稲刈りが始まっていたので、ギリギリ稲刈り前の景色に間に合ったようです。
黄金色の稲穂の先には切り刻まれた灰色の武甲山とセメント工場。独特な景色ですねぇ。

秩父ミューズパークの南口方面はキツイ登りです
P9150054

武甲山
P9150058

荒川を越えます
P9150061

寺坂の棚田
P9150062

P9150064

P9150065

黄金色の稲穂の先には切り刻まれた灰色の武甲山とセメント工場
P9150070

無事に道の駅ちちぶに帰還です
P9150071

今回は秩父で未だ走っていない国道299号と県道43号をつないで走ってみました。
個人的に好きな道は県道43号かな。今回とは逆に南西から北東に向かうほうが日差しの関係で景色はいいんでしょうね。

本日の走行距離は43km。

本日のコース

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント