ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2015年10月

武蔵野美術大学 芸術祭2015に行く

今年も武蔵野美術大学の芸術祭に行ってきました。
今回で2回目2年振りの芸術祭です。天気は雲一つない晴天なのですが風が強くて少し寒かったですね。
そんな強い風の中でも学生たちは元気!相変わらず人が多くて、今回は室内展示よりも屋外のイベントを中心に見てきました。

入場して最初の中央広場ではハロウィーンパーティのパレード中。本格的な衣装をまとって踊る姿が可愛くていいですねぇ。
続いて武蔵美伝統の男神輿・女神輿。彫刻学科有志によるもので、開催日によって男神輿と女神輿が学園内を練り歩きます。
実は前回に行った時は男神輿を見たのですが、かなり○○で××なので写真の掲載は見送っていました。今回の女神輿は特に問題ないのでご紹介です。
端から見るとレディースの集まりに見えますが、黒と金で塗られたおかめの神輿を担いで学園内を練り歩きます。最後は広場でエンヤコラセを歌いながら、着物を来た女性が神輿の回りを日本酒で清めるという、かなりシュールな現場を見ることができました。

その後、模擬店でお昼を買って芝生の広場でのんびりと食事。
イベントの切れ間に室内展示を見てから、キックボクシング部によるM-1グランプリ。ガチバトル中に肩が外れるアクシデントがあったのですが、通りすがりの人?が一瞬で外れた肩を入れ直すパフォーマンス。カッコ良さすぎです。

続いて学祭の楽しみのひとつである学プロ!
アナウンサーの絶妙なトークで場内は大盛り上がり、異常に過激なレフリーの動きと凝った演出のプロレス技が繰り広げられます。いい学プロを見せてもらったぜっ。ホント楽しすぎるぜオマエラ!

熱くなった気持を冷やすため一旦お酒を飲みに行ってから、最後はストリートダンス。
25組みのダンスが繰り広げられるのですが、ダンスのレベルがハンパない。本当に学生なんだろかと思うほど息の合った切れのあるハイパフォーマンスでした。

今年の屋外イベントはかなり楽しかったですねぇ。学生の若いパワーをもらって元気一杯で帰りました。

武蔵野美術大学 芸術祭2015
PA250002

ハロウィーンパーティのパレード
PA250004

女神輿
PA250007

構内は人でいっぱいです
PA250010

模擬店もいっぱいです
PA250011

芝生の広場で食事
PA250015

美大なので貼り紙もアートしてます
PA250020

中央広場
PA250021

ストリートダンスはハイパフォーマンス
PA250042

小諸周回千曲川沿いポタ

今週末は久しぶりに小諸まで遠征に行ってきました。
この時期は特に目的とする景色はないのですが、なんとなく山を見ながら走りたかったので小諸。。。

スタート地点は「小諸城址 懐古園」。
天気はGPVの予報では雲のない快晴だったのですが雲が多いですねぇ。朝の気温は15度程度で長袖1枚だと少し肌寒い感じです。
とりあえず旧小諸本陣前を抜けて菱野へ向かいます。以前に菱野にある棚田から小諸市内まで豪快に下った記憶があるのですが今回は逆方向へ。すなわち登りです。
上信越自動車道を越えて浅間サンラインまで登るのですが、前方の浅間山はスッキリしない景色で最初から気分が今ひとつ。

浅間サンラインは広い道なのですが結構交通量が多いので走りづらいですね。横で車がバンバン走っていると余裕がなくなってしまい、のんびり走る感じじゃありません。
また、山を見ながらと思いつつも上田方面に走っているので浅間山は背面だったりします。しかも北側の景色も霞んでいるし。。。
うーむ。天気はスッキリしないし景色も思った景色じゃありません。この道つまんなーい。と我がままをいっても始まりませんよねぇ。

途中「道の駅 電電くるみの里」で一休み。このまま浅間サンラインを進んでも気分が盛り上がらないので、予定を変更して景色の良さげな稲刈り後の田んぼ道を下ってしまいます。

小諸城址 懐古園
PA240003

浅間サンラインへ向かいます
PA240005

PA240007

PA240008

浅間サンライン
PA240010

PA240011

PA240013

道の駅 電電くるみの里で一休み
PA240015

浅間サンライン
PA240028

よさげな道を発見
PA240025

稲刈り後の田んぼ道に突入
PA240029

PA240030

田んぼ道を下って国道18号から海野宿へ。
海野宿は以前にも立ち寄っているのですが3年振りでしょうか。相変わらず閑散としていています。。。
これだけ大規模に保存されているのにもったいないですよね。もっとお店として活用するとか催し物をするとか、活気ある昔の街並が体験できないと現代に共存できないと思うんですが、どうなんでしょうか。

千曲川を渡って県道147号から81号、そして422号。やっと自分の好きな雰囲気の道になりました。当初ここから国道140号まで南下して北上するコースを予定していたのですが、お昼を食べるお店はないし天気も今ひとつなので、南下するコースは次回にして千曲川沿いを走って懐古園に戻ることにします。

千曲川沿いの県道40号はいいですねぇ。稲刈り後の田んぼですが雰囲気があって大好きです。天気が良ければ布引観音に登りたいのですが今回はスルー。
懐古園に戻る手前から旧小諸本陣前を抜けて、以前にも行ったことがある「うなぎ 藤舟」でお昼にします。
注文したのは上うな重。甘味の押さえたタレと油の乗ったうなぎが最高!。今ひとつだった今回の遠征ポタもこのランチで埋め合わせです。
お腹いっぱいで懐古園に戻ります。

海野宿へ
PA240031

海野宿
PA240032

PA240033

PA240034

PA240038

PA240040

橋を渡って県道147号に入ります
PA240042

県道422号
PA240044

PA240047

PA240048

PA240049

千曲川沿いの県道40号
PA240051

PA240055

PA240057

PA240058

PA240061

懐古園へ向かう坂道
PA240064

うなぎ 藤舟
PA240068

上うな重
PA240070

お腹いっぱいで懐古園に帰還
PA240077

今回の遠征コースは今ひとつでショートカットしてしまいました。せめてもう少し天気が良ければ報われたんですけどね。

本日の走行距離は35km。

本日のコース

OAKLEY BARK FLEECE PUFF HOODY 2.0

仕事帰りにOAKLEY GOLFウェアを扱っているショップを覗いてみると、秋冬モデルで気になるフリースフーディを発見。
OAKLEY BARK FLEECE PUFF HOODY 2.0。ネイビーカラーにオレンジカラーのアクセントが気に入って購入しちゃいました。

素材は東レ製のフィールドセンサー。密度の異なる多層構造が毛細管現象を発生させる吸汗速乾素材で、生地は中厚でしっかりしています。
自転車用に使えるなと思ったのは前身の仕様。帝人製のインパクトASという軽量な撥水素材でサーモア社の断熱中綿素材をキルティングしてあって、防寒性と防風性を高めています。
これならば正面からの風を防いでくれるので自転車用にもOK。本来はゴルフウェアなのですが、キルティングの入ったデザインもオシャレなので普段着としても十分使えそうです。

カラーはNavy Blueの他にJet BlackとDark Heather Grayの3色展開。Navy Blueはオレンジ色のファスナー、スピンドル、ジャガードテープがアクセントカラーになっています。
店員さんの話しだと入荷したばかりで入荷数が非常に少ないとか。

OAKLEY BARK FLEECE PUFF HOODY 2.0 Navy Blue
PA110016

PA110021

PA110017

素材は東レのフィールドセンサー
PA110022

帝人製のインパクトASでサーモア社の断熱中綿素材をキルティング
PA110023

胸元にはポケット
PA110024

ジャガードテープがアクセントカラー
PA110025

両サイドにもポケット
PA110034

フードはスナップボタンで固定可能
PA110031

八ヶ岳高原サイクリングコースが好き!

先週に続き今週末も天気は快晴。
なので景色の良い八ヶ岳高原サイクリングコースに遠征です。このコース、既に何度も走っているのでパターン化しちゃっているのですが、今回は八ヶ岳高原線沿いを走って途中から旧コースの八ヶ岳高原大橋を経由する組み合わせで、以下は同じ。

スタート地点はいつもの「道の駅こぶちざわ」。
八ヶ岳高原線沿いを走るのは2回目。八ヶ岳がほとんど見えないのですが、篠原通りから泉ラインのコースは走っていて気持いいですねぇ。
林道の景色は紅葉が始まっていて、途中で富士山が見ることができました。

今日は時間もあるので、途中にある日本名水百選「三分一湧水」に立ち寄ってみます。
湧き水というので山深い場所をイメージしていたのですが、公園になっていて綺麗に水路が引かれているので何か物足りないような。。。
何も考えずに湧水の元を見にいったのですが、湧水を三分一の量に分配しているから「三分一湧水」なんですね。
ちなみに「三分一湧水」は農業用水なので飲めません。日本名水百選なのだから飲めそうな気がするのですが、そのまま飲める美味しい水という意味ではないそうです。

道の駅こぶちざわ
PA180004

八ヶ岳高原線沿いを走ります
PA180005

PA180007

八ヶ岳は少ししか見えません
PA180008

今日は富士山が見えました
PA180013

三分一湧水
PA180015

三分一湧水の湧元
PA180017

泉ラインの林道を進んで、甲斐大泉駅から県道28号を南下して八ヶ岳高原大橋に向かいます。
カーブを曲がると八ヶ岳高原大橋。スパーンと道と空が突き抜けるのでオオッとします。やっぱり八ヶ岳高原大橋からの景色はいいですねぇ。青空と白い雲に八ヶ岳と少し紅葉した谷間のコントラストが綺麗です。しかも反対側に富士山を見ることができて大満足。

絶景の後には激坂。。。
登り坂は嫌いなのですが、ここの登り坂は青空に向かって走っていく感じが好きなんですよねぇ。←ただ斜度がキツイだけなんじゃねーの

景色に励まされながら坂を登って清里に到着。お昼はいつも通り萌木の村にあるブルーパブレストラン「ROCK」にしようと思ったのですが、あまりにもワンパターンなので、今回はスルーして先を進むことにします。

泉ライン
PA180019

PA180021

県道28号
PA180026

八ヶ岳高原大橋からの絶景
PA180029

青空と白い雲に八ヶ岳と少し紅葉した谷間のコントラストが綺麗
PA180033

反対側には富士山
PA180031

で、お約束の激坂
PA180036

八ヶ岳高原大橋
PA180037

青空に向かって走っていく感じが好きです
PA180039

ここからの八ヶ岳も綺麗です
PA180038

大泉清泉ラインを登ると清泉寮付近がやけに混雑しています。
何事かと思えば、今週末は清泉寮でポールラッシュ祭(八ヶ岳カンティフェア)が開催中。ポールラッシュ祭は清泉寮前の牧草地で行われるお祭りで、いわゆる収穫祭ってやつですね。今日は天気が良いので大勢の人で賑わっています。

覗いてみると飲食の露店も多く出店されていているので、今回はここでお昼にするこにします。
きのこうどんとステーキで悩んだ結果。牧場なのでステーキに突入。注文したのはサーロインステーキ150gに粗挽きソーセージ、ハーブソーセージ、手作りベーコンがセットになった特製グリル盛り合わせセット。
大した量じゃないだろうと思ったら結構なボリューム。青空の下、草原に座って食します。どれも美味しいのですがチョット多すぎだったと反省。やはりサッパリときのこうどんにすれば良かったかも。

お腹はいっぱい。油もいっぱい摂取して苦しいので、少し休んでから出発です。
大泉清泉ラインを登って八ヶ岳高原ラインを下れば東沢大橋の展望台。雲が多くなりましたが、ここから望む八ヶ岳と紅葉は絶景です。
さらに下ってまきば公園でソフトクリームを食べて、一気に400mを下って道の「駅こぶちざわ」に帰還です。

大泉清泉ライン
PA180043

ポールラッシュ祭(八ヶ岳カンティフェア)
PA180045

PA180046

PA180056

特製グリル盛り合わせセット ちなみにソーセージは15cmぐらいあります
PA180052

八ヶ岳高原ラインを下ります
PA180058

東沢大橋からの八ヶ岳と紅葉
PA180059

まきば公園
PA180065

PA180063

PA180064

さらに下ります
PA180066

PA180069

PA180070

道の駅こぶちざわに到着
PA180072

今回はまたしても八ヶ岳高原サイクリングコースを走りました。なぜか、この時期に天気が良いと無性に走りたくなっちゃんですよねぇ。

本日の走行距離は38km。

本日のコース

富士山対決!田貫湖vs本栖湖ポタ

連休最終日は晴天。
稲刈りは終わってしまい紅葉まではまだ少し。せっかくの晴天なのでどこが景色の良い場所を走りたいのですが、帰りの渋滞がイヤなのでサクッと走れる場所は、富士山と八ヶ岳ぐらいしか思い当たりません。。。
ちょうど先日に富士山が初冠雪だったので、ならば富士山!ってことで出発です。

スタート地点は「道の駅 朝霧高原」。
朝の渋滞を覚悟していたのですが、全く渋滞が無くあっという間に到着。これから初冠雪の富士山を眺めながら田貫湖と本栖湖を走ることにします。

天気は雲ひとつ無い快晴。で、初冠雪の富士山はといいますと、朝日がちょうど逆光になって見づらいのですが、頂上付近がちょこんと雪化粧した富士山は綺麗ですねぇ。
いつもならば最初に登って最後に下って戻るコース取りなのですが、今回は最初に下って田貫湖へ向かいます。

レイヤードの長袖で出発したのですが、やはり高原の気温は低くいですねぇ。下りの風が冷たくてこれじゃ寒いので、ウインドブレーカーを着込んで国道139号を下ります。
国道139号は相変わらず車が多くて、途中から県道414号に入ると景色が変ります。富士山は見えなくなりますが林道をいい感じで下るので、ここは夏場に下りたかったですね。そのぐらい気持のいい道です。

ズーッと下りなので早々に田貫湖に到着。
田貫湖は湖畔沿いにサイクリングコースが整備されていて一周3.3km。結構小さい湖で湖には釣りをされている方が多いですね。サイクリングコースは単なる遊歩道って感じで、道幅はかなり狭いのでゆっくりと走ります。
ここまで来ると陽も登り富士山に日差しが射して、雪化粧が綺麗に見えるようになりました。
西岸には展望デッキ。ここは毎年4月と8月にダイヤモンド富士が見えることで有名な場所です。田貫湖はちょうど富士山の西側に位置していることから日の出時のビューポイントなんですね。

道の駅 朝霧高原
PA120009

国道139号
PA120015

初冠雪の富士山は少し逆光ぎみ
PA120018

県道414号に入ります
PA120019

PA120020

PA120022

PA120025

田貫湖に到着
PA120028

湖畔にはサイクリングコースが整備されています
PA120029

田貫湖からの富士山
PA120032

サイクリングコースを進みます
PA120031

展望デッキからの富士山
PA120037

田貫湖を一周して少し下ってから本栖湖へ向かいます。
ここまで15kmほど下っているので戻りは登り。。。お昼は「えいちの村ファーマーズキッチン」と決めているので、県道414号から国道139号に戻って県道71号で北上です。
途中、国道139号沿いにある、まかいの牧場で一休み。テラスでソフトクリームを食べながら目の前の富士山をボケーッと眺めるのもいいものです。

県道71号に入ってからは左手に富士山見ながら登って行きます。
以前にも県道71号を登っているのですが、今回は不思議と楽チンに感じます。何気に脚力がついたのかRX3改のおかげでしょうか。思ったより楽に「えいちの村ファーマーズキッチン」に到着!
今日のランチから「ヨーグルト豚の塩麹焼き」を注文。大きな豚肉が凄く柔らかくて塩味がgood。相変わらずの美味しさとコスパの良さに感激です。

田貫湖から少し下ります
PA120044

PA120046

まかいの牧場で一休み
PA120055

まかいの牧場からの富士山
PA120052

国道139号
PA120058

左手に富士山を見ながら進みます
PA120062

県道71号
PA120064

PA120065

えいちの村ファーマーズキッチン
PA120077

ヨーグルト豚の塩麹焼き
PA120071

デザートのシフォンケーキ&アイス
PA120075

ここからは後半戦の本栖湖へ。
富士ケ嶺の交差点から国道139号へ戻るのですが、富士ケ嶺の交差点からの富士山の眺めはいいですねぇ。結構お気に入りの場所です。
のどかな草原の道を走り抜けて国道139号。車が多いのでササッと走って本栖湖に入って湖畔沿いの国道300号を走ります。今日は天気が良いので北側の展望台は混雑してます。
うーむ。やっぱりここからの富士山の眺めはいいですねぇ。

本栖湖を一周した方は分かると思いますが、本栖湖の湖畔沿いの道は富士山が見える東側と展望台から西側の雰囲気は全く別ものです。
東側は富士山も見えて日の当たる穏やかな道なのですが、西側(正確には北から西まで)は林道で薄暗い道。結構明暗差があるのですが、この明暗差が意外とクセになるんですよねぇ。

本栖湖をグルッとひと回りして国道139号を戻れば、最後の下り坂から富士山を眺めながら走れば「道の駅 朝霧高原」に到着です。

富士ケ嶺の交差点からの富士山
PA120079

のどかな草原の道を走ります
PA120080

本栖湖に到着
PA120082

湖畔沿いの国道300号
PA120084

PA120086

展望台からの富士山
PA120088

相変わらずの透明度です
PA120090

西側のコースに突入
PA120091

PA120093

林道を抜けるとまた違う景色に
PA120094

PA120095

本栖湖南岸
PA120096

道の駅 朝霧高原手前で富士山がお出迎え
PA120098

無事に道の駅 朝霧高原に到着
PA120099

今回は初冠雪の富士山を田貫湖と本栖湖から眺めてみました。
で、どっちが勝ちなんだよってことですが、うーむ。勝者は富士山ってことで!←まさかこんなオチなんかよ

本日の走行距離は59km。

本日のコース

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント