ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

2016年02月

手打ちうどん そば「魚鶴」までランチポタ

今日も天気が良かったのですが、あまり気温も高くないのでどうも遠出する気がありません。。。なので今週もうどんを食べるランチポタに。

今回おじゃましたのはJR武蔵五日市駅近くにある手打ちうどん そば「魚鶴」。
メニューは事前に調べていてカレー南蛮を食そうと思って来たのですが、店内には冬期限定「鶏煮込うどん」の貼り紙が。。。
限定メニューに弱い私はあっさりと「鶏煮込うどん」を注文。それと店内に書いてあった鰊の煮付けも注文。最初にお通しの大根の煮物が出されたのですが、こいつが美味い!いわゆるアラ煮ってヤツで味が染込んでいて大根はトロトロです。
続いて鰊の煮付け。身は柔らかく脂がのっていてチョー美味い!甘さ控えめの味つけが好みで、これで一杯やりたものです。

そしてメインの鶏煮込うどんが登場。大きな鉄鍋に具沢山です。量はかなりボリュームがあって普通の大盛りの量を越えています。
具は鶏肉、つくね、卵、ネギ、白菜、人参、いんげん、椎茸、えのき、しめじ、かまぼこ等。鶏煮込とあったので、鶏のだし汁で煮込んだ塩味のうどんなのかと勝ってに思っていたのですが、いささか違うようです。
うどんは細打ちでツルツル。ネギは注文してから焼いていて、この一手間かけた甘味と香ばしさが嬉しいですね。変わり種のつくねも美味いのですが、この鶏煮込うどんのキモは上乗せされた鶏肉にあり!

煮込うどんであれば、そのままの鶏肉が煮込まれているのが普通だと思うのですが、この鶏肉は焼き鳥なのです。量は少なめなのですが濃厚な炭火焼きで香ばしさと味がたまりません。一旦蒸してから焼いているのかな。サッパリとしてるのですが鶏肉の旨味が凝縮していて結構感動!うどんと焼き鳥って合うんですね。
これで一杯やったら美味いだろうと思い単品メニューを探すと「焼き鳥」を発見。同じものか分かりませんが、この味ならば普通の焼き鳥でも美味いのは間違いなさそうです。←いつか飲みにこようと思ってたりします

こんな煮込うどんは初めてです。最近食べた鍋焼き系うどんでは頭ひとつ抜きん出ているな。

手打ちうどん そば「魚鶴」
P2270002

大根の煮物
P2270004

鰊の煮付け
P2270008

鶏煮込うどん
P2270012

手打ち蕎麦うどん「雲水」までランチポタ

今日も午後から天気が回復したのでランチポタに行ってきました。
本日おじゃましたのは青梅市の東青梅駅近くにある手打ち蕎麦うどん「雲水」。メインは蕎麦だと思うのですが、同様に手打ちうどんも扱っているので行ってみることに。

「雲水」に向かう途中やけに交通規制があり、何事かと思ったら今日は青梅マラソン大会だったんですね。
マラソンには興味がないので道を迂回しながら「雲水」に到着。住宅街の中の奥まった場所にあって隠れ家的なお店です。

店内は古民家風の造りで大好きな雰囲気ですね。いつもならば鍋焼きうどんを注文するところなのですが、秋冬メニューにあった「鴨鍋うどん」を大盛りで注文。
土鍋に入ったうどんは細打ち。鴨肉はそれほど多くありませんが鴨肉の味を引き立てるようにサッパリとしただし汁で、ほのかな柚の香りのたつ上品な味つけです。
うどんは柔らかくてコシはないのですが、ツルっとした食感がいいですね。鴨肉の旨味と優しい味に癒されます。
暖かくなったら次回は蕎麦を食べてみたいお店ですね。

手打ち蕎麦うどん「雲水」
P2210001

鴨鍋うどん(大盛り)
P2210006

カウルトップ ベンチレーター ルーバーを交換

ずいぶん前からカウルトップの両サイドのネジ留め部分が破損していて、両側のカウルトップが浮き上がりしていました。
両サイドのネジ止め部分は粉砕しているので、エポキシパテとワッシャーを使えば直せそうなのですが、カウルトップ自体が経年劣化で白化していて、黒に締まりがないので思い切って交換することにしました。

とは言っても何せ20年も前の車両。この手のパーツは既に廃盤になっているかと思いきや、近所のトヨタ共販で調べてもらうと本社に在庫があるとのことで名古屋から取り寄せてもらうことに。
現在残っているのは寒冷地仕様のみで、どうにか確保することができました。寒冷地仕様なのでスリット部分にアミが張ってありますが造りは同じです。
元部品との違いはフロントガラスに接触するゴム部分の表面処理がなく、ツヤのないゴムになっているのですがコスト削減ですかね。
品番は55708-17040 カウルトップ ベンチレーター ルーバー。値段は16,300円(税別)でした。

では交換作業です。
最初にワイパーアームを取り外すのですが、ワイパーの戻し位置を間違えないようにテープでマーキングしてから作業を開始。
ワイパーアームの付け根部分にあるカバーを外すとナットがありますので、12mmのレンチでナットを緩めます。助手席側はそのままワイパーアームを外せますが、運転席側はボンネットを開けてナットを外してからボンネットを閉めてワイパーアームを外したほうが良いようですね。ワイパーアーム自体はワイパーを立ててから手前に引けば簡単に抜くことができます。

カウルトップは左右のカウルトップカバー下にあるネジが2本、上側3本、下側4本の合計11本で固定されていて、カウルトップカバーとネジは再度使いますので無くさないように取り外します。
カウルトップは上側2箇所に取り付けフックがあるので、下側を持ち上げて一旦手前に引き抜いてから、フロントガラスの上部に引き上げて取り外します。

カウルトップ下の汚れを綺麗にしてから新しいカウルトップに交換です。
カウルトップの上側にある取り付けフックをはめ込んでから全てのネジで固定するのですが、カウルトップカバー下と下側の両端の固定部分は振動で破損していたので、少しでも破損しにくいようにゴムを挟んで固定することにしました。

ワイパーを元の位置に戻して、最後に左右のカウルトップカバーを取り付けて作業は完了なのですが、カウルトップカバーにはLRがあるので間違いないように取り付けます。

購入したカウルトップ ベンチレーター ルーバー
P2060001

劣化したカウルトップ ベンチレーター ルーバー
P2060002

取り付け部の破損により左右が浮いています
P2060004

経年劣化で黒樹脂も白化しています
P2060006

ワイパーの位置にテープでマーキング
P2060008

ワイパーアームの付け根部分にあるカバーを外します
P2060011

ナットを12mmのレンチで外します
P2060013

P2060015

ワイパーアームを引き抜きます
P2060019

左右下のネジ止め部分は破損
P2060024

カウルトップのネジを外します
P2060023

カウルトップを外した状態
P2060035

カウルトップカバー下のネジ止め部分は完全に粉砕
P2060030

取り外したカウルトップ(上)と新しいカウルトップ(下)
P2060026

寒冷地仕様なのでネットが付いています
P2060029

せっかくなのでカウルトップ下を綺麗に掃除
P2060040

左右4箇所には振動防止のためにゴムワッシャを挿みます
P2060045

新しいカウルトップを装着
P2060052

ワイパーを元の位置に戻します
P2060054

最後に左右のカウルトップカバーを取り付けます
P2060057

作業完了
P2060062

引き締まった黒になりました
P2060064

春の陽気の中を高幡不動尊に身体安全祈願

今日は南からの暖かい空気が流れ込んで4月下旬並みの気温となりました。
こんなポカポカ陽気の中ポタリングに出かけないのはもったいないので、毎年恒例の高幡不動尊に身体安全祈願に行ってきました。

いつもならば重装備で出かけるのですが、今日は長袖のインナーにOAKLEY BARK FLEECE PUFF HOODY 2.0で出発。
久しぶりの多摩サイを走って高幡不動尊に到着。春の陽気のせいかいつもより人が多く、境内の梅は2分咲きって感じでした。

お昼もいつもの通り立川にあるステーキハウスTEN-GALLON(テンガロン)へ。いつものハンバークステーキ225gを食べて、多摩サイで春の陽気の中をのんびり帰還です。

本日の走行距離は43km。

多摩サイで高幡不動尊へ向かいます
P2130001

高幡不動尊
P2130004

境内の梅は2分咲き
P2130008

ステーキハウスTEN-GALLON
P2130015

ハンバークステーキ225g
P2130014

本日の訪問先

DEMODE DINERにハンバーガーポタ

久しぶりにDEMODE DINERにランチポタしてきました。
大幅にメニューが改訂されてから全く行っていなかったのですが、メインメニューとなったハンバーガーでも食べてみるかってことで行ってみることに。
2年振りなので、もしかして少しはメニューが変っているかも的な期待はあったのですが、やっぱりハンバーガーメインで、端っこにあったグリルチキンもハンバーグステーキも無くなってしまい、変りにピザがメニューに加わったようです。

注文したのはベーコンエッグバーガーにトマトをトッピングで追加。それとジンジャーエール。
大きさは15cmぐらいでしょうか。デカイ! 中のパティは厚くてカリット焼いたベーコンと目玉焼きが乗っています。ちなみにトマトは一番下でした。これを見るとマックのハンバーガーが貧弱に見えますねぇ。まぁ価格も全く違いますけど。

この大きさをガブリと行きたい所ですが、中味がドサッと落ちてしまうのはスマートではないので、一旦上からギューッと押してから半分にカット。ハーフサイズにして食べるのが大人ってもんです。
パティはしっかりとした歯ごたえがあって、ガッツリ食べてる感があります。塩とスパイスがきいていて、パティの味を楽しむならばケチャップは不要ですね。
付け合わせのフライドポテトまで食べると相当な満腹感です。っていうかお腹が苦しいんですけど。

メニューにはパティが2段になったナイアガラ チーズバーガーなるものがありましたが、オッサンなので絶対に胃もたれするな。。。
今日は天気も良くアメリカンなランチポタでした。

DEMODE DINER
P2110002

ベーコンエッグバーガーにトマトをトッピング
P2110004

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント