ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

ポタリング > 東京都

そば処 大むらまでサッパリ冷や麦ランチポタ

今日の東京は曇っているのに異常な暑さ。昨夜飲み過ぎたせいもあるのですが、さっぱりとしたものを食べに行くことに。

蕎麦でも良いのですが夏といえば「そうめん」。しかし蕎麦屋やうどん屋はあってもそうめん屋というものは存在していません。夏限定でお店の特徴が出しにくいから商売になりにくく、家庭で作るかコンビニ商品もしくは流しそうめんなどの催し物でしか食べることができないようなのです。
本当にそうめんを食べれるお店は無いのかネットで近所の蕎麦屋とうどん屋のメニューを調べてみると、なんと冷や麦を扱っている蕎麦屋を発見!
ちなみにそうめんと冷や麦の違いは麺の太さ。 機械製麺の場合は直径1.3mm未満がそうめんで1.3mm以上1.7mm未満が冷や麦と分類され1.7mm以上だとうどんとなります。

で、本日うかがったお店は近所の「そば処 大むら」。以前にも鍋焼きうどんで紹介したことのあるお店なのですが、冷や麦については全く気が付きませんでした。
出てきた冷や麦の具はみかん、トマト、キュウリ、ワカメに大きな氷が入って清涼感があってまさにイメージ通り。麺つゆには生姜と刻みネギ。
そうめんより若干太いので食感がしっかりしていますが、ツルツルで喉越しが良くて美味しい!麺つゆの味も甘過ぎずサッパリといただきました。

そば処 大むら
P7160004

冷や麦
P7160003

梅雨の合間の日の出、あきる野のんびりポタ

梅雨に入ってからの週末は晴れ間がなく近所のランチポタばかり。今回は天気が今ひとつなのですが自宅から好きなコースの日の出とあきる野を走ってきました。

っといってもこのコースは過去にも紹介しているので今回はサクッと紹介。最初は青梅リバーサイドパーク入口の反対側からスタート。
ここから秋川街道までは緩い登りで新緑が気持ちいいのですが蒸しているので少し息苦しい感じです。秋川街道を豪快に下ってから大好きなつるつる温泉に向かう都道184号。
何度も走っている平井川沿いの道なのですが、この道の雰囲気が大好きなのでこの道は外すことができないんですよねぇ。折り返し場所の「ひので肝要の里」で一休みと思ったら本日はお休み。。。

五日市駅前を越えて秋川を挟んで檜原街道の反対側の道を走ります。
今日は風がなく夏日の気温なのですが川沿いだと少し涼しくて気持ちいいっ。道沿いにある 「一穂のこんにゃく池谷」でこんにゃくをお土産に買おうと思ったら、ここもお休み。。。月曜日って休みが多いですよね。残念です。

青梅リバーサイドパーク入口の反対側からスタート
P7030001

途中で紫陽花を発見
P7030003

秋川街道に合流
P7030004

大好きなつるつる温泉に向かう都道184号
P7030006

P7030009

P7030010

檜原街道の反対側の道
P7030012

十里木交差点前の秋川
P7030013

十里木交差点から折り返して五日市駅付近で「五日市 体験茶や」を発見。古民家を改築したお店でかき氷の看板に惹かれました。。。この道は何度も走っていますが全く気がつきませんでしたねぇ。
お店の中は古民家のメイン骨格を残して綺麗に改装されていて奥は一段上がった畳敷きの座敷。で、すごく気になったかき氷の「塩トマト」を注文。和服姿のご主人が作ってくれるのですが、夏と和の雰囲気がいい感じ。

シロップは発酵シロップで甘くて、付け合わせにお好みで使う粗塩(岩塩?)が添えてあります。勝手に青臭いトマト味を期待していたのですが、そこはやっぱりかき氷。トマトの味って感じはほとんどありませんが、これはこれで美味しいです。どんな味と聞かれると困るのですが不思議な味としか伝えようがありません。。。
底と中間部分にはトマトのシロップ付けのようなものがあるのですが、これも甘いのでトマトっぽくないかな。個人的には青臭い大人の塩トマトを食べてみたいものです。

お昼は前から行ってみたかった「桐生庵」へ。
昨年12月にオープンしたお店で店内の雰囲気が良いお店。注文したのは「せいろ蕎麦のミニ天丼セット」。
蕎麦はしっかりと水切りされていて固めの食感で美味い。つゆは濃いめで少し甘いかな。個人的にはもう少しサッパリしているほうが好みです。
ミニ天丼はごはんはミニですが海老天がでかい!たれはすごく甘くて、見た目のお得感はありますがオッサンには甘過ぎるかな。このあとに蕎麦を食べるとつゆの甘さを感じなくなるのでどうなんでしょうか。まぁこればかりは好みなので仕方ないですけどね。

五日市 体験茶や
P7030014

かき氷の「塩トマト」
P7030016

お昼は「桐生庵」
P7030032

せいろ蕎麦のミニ天丼セット
P7030025

今回は梅雨の合間の曇り空でしたが走れないストレス解消のため、日の出とあきる野を走ってきました。早く梅雨が明けて青空の下を走りたいものです。

本日の走行距離は40km。

本日のコース

CAFE D-13、ときどき五味食堂までランチポタ

今週末も天気が今ひとつなのでランチポタに。
今回おじゃましたのは福生にある「CAFE D-13、ときどき五味食堂」。このお店は築50年の米軍ハウス「D-13」を改装したカフェで、お昼にはカレーが食べれるので行ってみることにしました。

外観はシンプルな作りで一見お店に見えません。店内に入ると右手にカウンターがあって白い壁とウッド基調のバランスがいいですね。カウンターには手作りパウンドケーキや焼き菓子が並べてあります。

注文したのはキーマカレーと自家製ジンジャーエール。カウンターで注文してその場で清算するスタイルで、しばし待つと自家製ジンジャーエールが到着。ビンのようなグラスに入っていて味は思ったほど辛くなくて万人向けで美味しいですね。
で、D-13カレー(キーマカレー)。これが絶品。美味過ぎる!辛くなくて程よい香辛料の加減が絶妙で優しい味。しっかりと煮込まれていてやっぱり挽肉は美味いなぁっと思える逸品です。カフェのカレーと侮れませんなぁ。

店内には雑貨も置いてあったりして独特の雰囲気とのんびりとした時間を過ごせるお店です。外にもテーブルがあったので次回はオープンテラスで食事ですね。

CAFE D-13、ときどき五味食堂
P6260013

P6260003

自家製ジンジャーエール
P6260005

D-13カレー(キーマカレー)は絶品
P6260007

サンドウィッチハウス Cheese and Oliveまでランチポタ

今日は天気が今ひとつなので、福生にあるサンドウィッチハウス Cheese and Olive(チーズ アンド オリーブ)までランチポタに行ってきました。
このお店はかなり昔からある老舗のサンドウィッチ専門店で、店の前の道は以前から何度も走っていたのですが存在を全く知りませんでした。。。
たまたまネットで見つけたのですが、アメリカンなサンドウィッチハウスを食べることができるお店なのです。

店内はログハウス風の作りで丸太のテーブル席とカウンター。バイクが置いてあったりしてアメリカンな雰囲気なのですがゴチャっとしていないのが良いですねぇ。
沢山の種類のあるサンドウィッチから注文したのは、お勧めの「アンチョビ&マッシュルーム」。
出来合いではなく注文を受けてからオープンキッチンで作るので出来立てが食べることができて、フライドポテトも都度揚げている拘りようです。

サンドウィッチは大きくて厚めのイギリスパン2枚にサンドされていて、焼き目の付いた外はパリッと中はふんわり。付け合わせはフライドポテトとコールスローサラダ。
中の具はたっぷりでボリュームがありますねぇ。マッシュルームよりもしめじが多いようですが凄く美味しい!シャッキシャキのレタスと炒めた具材が美味過ぎる!こんなサンドウィッチは今まで食べたことがないかも。。。
種類が沢山あるので何度も通う楽しみのあるお店です。

サンドウィッチハウス Cheese and Olive
P6180002

店内はログハウス風の作りでアメリカンな雰囲気
P6180005

飲み物は雰囲気に合わせてコカ・コーラ
P6180007

アンチョビ&マッシュルーム
P6180009

P6180011

薪釜屋Rookieまでランチポタ

今日は天気が良いので近所までランチポタへ。
先日友人と石川酒造にある「福生ビール小屋」の話しをしていたので行ってみることに。が、多摩サイを走って開店時間前に到着したのにどうしたことでしょう。すでに予約で満席状態。かつ新規で待っているお客さんも沢山いるってゴールデンウイーク恐るべし。。。

仕方ないので以前に行った「薪釜屋YOSHIZO」の系列店である「薪釜屋Rookie」にお店を変更することに。12時に到着したのですが予約無しで入ることができました。
注文したのはナポリピッツア シーフードのランチセット。ピッツアのサイズは25cmほどで見た目は大きいのですが生地の厚みやチーズ量のバランスが良いのでペロリといっちゃいますね。
生地は塩気が少なくてトマトソースがフレッシュで酸味があって美味しい。面白いと思ったのは小皿に出された塩、オリーブオイル、バルコミソソース。プレーンの味に飽きたら別の味つけを楽しむことができます。
セットのサラダも多くて大満足のランチセットでした。

多摩サイで石川酒造に向かいます
P5050004

石川酒造のレストランはどちらも満席状態で入ることができず
P5050005

薪釜屋Rookie
P5050006

ランチセットのサラダ
P5050008

ピッツア シーフード
P5050010

塩、オリーブオイル、バルコミソソースで楽しむことができます
P5050014

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント