ブツぶつブログ!

MR2とESCAPE RX3のポタリングを中心に、ブツ欲にまみれた日々を語る。

MR2

ステアリングセンターを微調整

MR2のステアリングセンターが微妙にズレていたので微調整することにしました。
そもそも最初にステアリングセンターがズレたのは初めてアライメント調整をした時。この時点でステアリングはMOMOのギブリ3に交換していたのですが、ステアリングボスの1コマずらしでは真っすぐに調整できず、仕方ないのでステアリングボスとステアリングの間に1cmの角度微調整スペーサーを入れて調整していました。
ちなみにステアリンボスの1コマの角度は11度とか。角度微調整スペーサーを使うと9度以下の微調整ができます。

最初にステアリングセンターを調整してから何十年も気にしていませんでしたが、長い間に足回りを取り外したりアライメントを調整し直したりしていたので微妙にズレが出でいたようです。
角度にして2〜3度なのですが一旦気になり始めるともの凄く気になってくるもので、精神衛生上よろしくないので再びステアリングセンターを微調整することに。

作業は簡単だと思ったのですが、以前に調整した状態をよく見ると微調整スペーサーの角度は左にマックスの9度で固定されていました。ここから更に左に2〜3度ずらす必要があるということは、一旦ステアリンボスを外して1コマ左にズラしてから、微調整スペーサーを右に数度ほど戻す必要があります。
ステアリングボスまで外すとなると、最初から調整し直しになるので結構面倒くさいんですよね。

作業は最初にステアリングをロックさせてからセンターパッドを外し、センターナットをクロスレンチの19mmで緩めます。この時にセンターナットを完全に外すのではなく少し緩めるだけ。
ステアリングをしっかりと握って上下左右に揺らしながら前に引っ張ってステアリングボスを引き出します。センターナットを完全に外してしまうとステアリングで顔面を強打することになりますので注意です。
ステアリングハブを引き出したらセンターナットを完全に取り外してステアリングハブを完全に外します。あとはステアリングハブを1コマずらして挿入してセンターナットを再び締め付けます。

さらに微調整スペーサーを調整するためにステアリングを固定しているネジを六角レンチで取り外します。剥き出しになった微調整スペーサーの上部に位置決めのマーキングをしてから微調整スペーサーの固定ネジを緩めて角度を調整。
あとはステアリングを取り付ければ作業は完了。っと行きたいものですが、この後は実走行テスト。真っすぐな道でステアリングセンターを確認して、しっくりとするまで何度も角度調整を続けます。その度にステアリングを外したり付けたりするのでホント面倒くさい作業なんですよねぇ。

角度微調整スペーサー
PB270057

PB270060

センターナットをクロスレンチの19mmで緩めます
PC040022

位置決めのマーキングをしてから角度を微調整します
PB280018

真っすぐになるまで何度もステアリングを外して角度調整を続けます
PC040033

ナンバープレートのボルトをステンレスに交換

気がついたらMR2のナンバープレートのボルトが錆びていたので交換しました。
せっかく交換するので錆びにくいステンレスのボルトを購入。六角ボルトに十字穴が空いているタイプでサイズは純正と同じ6φ×15mm ピッチ1mm。エーモンから4個セットで販売されています。

ネットでナンバープレート用のボルトを調べてみると、盗難防止ボルトなるものが売っています。締め付け部分が六角穴だったりトルクスやピントルクスになっているので少しは盗難防止にはなるのかもしれませんが、それほど特殊なボルトじゃないのでどれだけ効果があるんでしょうかねぇ。
しかも3個で1,000円〜1,500円とかあり得ない価格。。。薄型や色付きなどドレスアップ効果の商品もあるのですが、私は実を取って安い普通のステンレスボルトで十分です。

ボルトを緩めて交換するだけなので何てことない作業なのですが、ボルトの錆がナンバープレートにも少し付いていました。ちょっとした錆ならばメラミンスポンジで擦れば綺麗に落とすことができますが、錆が酷くなる前に交換したほうが良かったようです。
なのでリアのボルトは錆びていなかったのですが、錆びる前についでに交換しておきました。

エーモン ITEM No.786 ステンレスボルトセット 6φ×15mm ピッチ1mm
PA090002

錆びたナンバープレートのボルトを取り外します
PA090007

純正のボルトと同サイズです
PA090020

ステンレスのボルトに交換
PA090015

リアも交換
PA090023

BLITZ SUS POWER AIR FILTER LMの掃除

今回の車検でエアクリーナーの交換時期を聞かれて、そういえば2年前にBLITZ SUS POWER AIR FILTER LMに交換してから一度も掃除をしていないなぁっと思い、どうなっているのか覗いてみることにしました。←毎年覗けよなっ

エアクリBOXを開けてみると見た目は綺麗なブルーのまま。
このSUS POWER AIR FILTER LMは水洗いすることはできず、汚れたらエアダスターで埃を吹き飛ばすか汚れが酷い場合は交換となるのですが、1万kmほどの走行ではほとんど汚れていませんねぇ。
吸入側に少し木の葉の破片が付いていた程度で、反対側からエアダスターを吹きかけてみましたが埃らしき物は何も出ませんでした。

走る場所にもよると思いますが、この感じだと純正と同じ5万km程度まで交換しなくても問題ないかもしれませんね。

BLITZ SUS POWER AIR FILTER LM 1万km走行時
P7240004

色あせ防止にボンネット保護カバー

今さらながらMR2の色あせ防止用にボンネット保護カバーを購入しました。
屋根付きの車庫とはいえ、ボンネットには陽が差し込むので色あせが目立つようになってきたのです。
夏の日差しを受けるたびに思い出して、本当はもっと前から対処しようと思っていたのですがメンドくさがり屋のため今年になってしまいました。

amazonで購入したのはARADEN(アラデン)のボンネット保護カバー BC2。
ボディカバーって結構メンドくさいのですが、これは左右のドアミラーにゴム輪を掛けてフロントカバーを下ろすだけの簡単装着。サイズは若干幅が足りない感じですが前後左右ピッタリで強風でも外れることはなさそうですね。
これでボンネットの色あせ対策もバッチリです。

ARADEN ボンネット保護カバー BC2
P8150001

P8150006

P8210002

初めてのラジエーターキャップ交換

今回の車検でラジエーターキャップが交換されていました。
あまり気にしたことはなかったのですがラジエーターキャップも消耗品なんですよね。23年、11万kmで初めての交換です。

同じDENSO製で以前のものは黄色と黒で「!危険 CAUTION」イメージが強かったのですが、新しいものは「!危険」マークが小さくて爽やかなブルーでスッキリとしたデザイン。
個人的には危険オーラ全開の黄色と黒のキャップのほうが好きですね。

DENSO RADIATOR CAP S-09
P7240004

プロフィール
新ロゴ180




最新コメント